明智光秀がスタイリストだった!? 『麒麟がくる』が描かない織田信長の“ヤンキー趣味”を紐解く

明智光秀がスタイリストだった!? 『麒麟がくる』が描かない織田信長の“ヤンキー趣味”を紐解く

明智光秀は織田信長のヤンキー趣味を熟知していた?(岐阜にある黄金の織田信長公像)

 大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)の放送が、新型コロナウイルスの影響で中断を余儀なくされている。放送再開が待ち遠しいが、この空白の時期を使って主人公「明智光秀」についてより理解を深めてみるというのはいかがだろうか? 今回は、歴史エッセイストの堀江宏樹氏が明智光秀の“金銭感覚”に迫っていく──。

 明智光秀は謎の多い人物です。NHK大河ドラマ『麒麟がくる』では、土岐源氏の名族出身、母子家庭で育ち、裕福ではなくとも志の高い人物として描かれていますが、確実にいえるのは彼が「ねずみ年」の生まれだったことくらい。実は父親が誰なのか、出生地についても確証がない状態です。

 そんな中でも、明智光秀の実像に迫る手段は存在します。

 明智がどんな金の使い方をしたか。どんな仕事をしていたのか。それによって彼の人柄は見えてくるのです。

 明智光秀はもともと織田信長から非常に高い評価を受けていました。織田家内での評価ナンバーワンは明智光秀。ナンバーツーが豊臣秀吉だったといわれますね。明智が織田家で出世できたのは、信長の「天下統一」という見果てぬ夢の実現にかかる資金調達や、マネーのやりくりに長けていたがゆえでした。

 戦には大金がかかりますし、信長のように京都の朝廷の「おえらいさん」と好んでやりとりしようと思えば、交際費も莫大にかかります。このため、集金能力は部下の評価に大きく影響するのでした。そう、信長からもっとも評価されていたという明智は、集金能力がたいへんに高かったということなのです。

 また、明智には非常に高い「共感力」があったと筆者は考えています。自分とはまるで異なる、誰かの気持ちにも寄り添うことができる能力です。

 逸話などでは明智と信長の関係は、次第に悪化していったといわれますが、少なくとも信長からは最終段階まで、明智が高評価を得ていたことが史料から推察されるのです。

 それはなぜかというと、信長の奇特な”趣味”に至るまで理解できている人物として、誰よりも明智が信頼されている様子がうかがえるからなのですね。

 大河ドラマでも、信長は独特のファッションセンスの持ち主として描かれることが多いです。白いシャツ姿でさらっと出てくるケース(『江』の豊川悦司)、南蛮人のような帽子にマント、足元にはブーツと完全に洋装しているケース(『おんな城主 直虎』の市川海老蔵)などなど、奇抜な先例はたくさんあります。

 今年の『麒麟がくる』は、農民のカラフルな衣装が注目されるなど、衣装の独特なセンスで知られます。一方、信長に関しては保守的というか、彼がまだ若年ということもあり、突飛な服装を好むイメージはありません。ですが、これから「そういう趣味」が開花してもおかしくはない。

 しかし、歴代の大河ドラマが描いてきた信長以上に、史実の信長のファッションセンスは奇抜で、しかも大金がかかるシロモノでした。そんな信長の“衣装”を担当していたのが、明智光秀だったと聞けば驚くかもしれません。

「本能寺の変」の前年、天正9(1581)年のこと。左義長(さぎちょう)という小正月の火祭りの儀式に、信長は次のような格好で現れました。

「黒き南蛮笠をめし、御眉をめされ、(『信長公記』)」……

 黒い南蛮笠とは信長が愛用していた西洋風の大きなつば付きの帽子です。そして、眉毛は、全部剃ってしまっていました。ほかには真紅の頬当てで顔を覆っていたとも。

 当時の上流階級の男性は、武家・公家を問わず、ハレの日に化粧をすることがよくありました。眉を剃りおとすことも、主に若い世代の公家などの男性に見られがちだった化粧法です。しかし、信長はこの時当時の平均寿命を大きく上回った48歳ですからね。かなり「若さ」への執着もあったようです。

 今回の大河でも「人間五十年〜」などと歌っていますが、そんな50歳間際の「成熟世代」の信長が、こんな派手な格好、化粧で、自慢の名馬にまたがり、爆竹を鳴らしながら走り去った……というのです。異様ささえ感じずにはいられません。

 信長が生涯を通じてバサラ趣味、いまでいうヤンキー趣味の持ち主だったといわれる理由ですが、老いてますます盛んすぎる信長のビジュアルの好みを理解し、その衣装・物品調達を担当できたのが明智の能力のひとつだったわけですね。逆にいえば、そこまで信長に信頼され、いろいろと明智は任されていたのでした。

「信長自身が決めた衣服を、用意しただけでしょ?」と読者は思うかもしれません。しかし、それは違うのです。

 例の「火祭り」と同じ、天正9年のこと。信長は京都で”軍事パレード”を2度も開催、正親町(おうぎまち)天皇をはじめとする20万人もの観客に見てもらっています(いわゆる「京都御馬揃え」)。

 この時の信長は『信長公記』によると「きんしや」なる豪華コスチュームを身に着けていたそうです。

 デザインは「真ん中に人形を、よろしく織り付けたり」……想像もつきませんが、まるでオペラの舞台衣装のよう。信長からの指示もあるにはありましたが、「自然わかやき、思々の仕立あるべく」……つまり「自然に若く見える服がいいなぁ」とか言う以外には具体性ゼロなのでした。やっぱり信長、自分を若く見せたいわけですね。若さを演出するための手段として、ド派手さにこだわるということ自体、もはや若くはない証なのかもしれませんが……。

 そんな信長の曖昧な言葉から、真の意図を見抜き、このド派手な衣服を発注できていたのが、明智という男なのでした。明智の中に、こういう「バサラ」すぎる信長のファッションセンスに順応するチャンネルがあったとは驚きでもあります。

 今年の長谷川博己さん演じる明智光秀がどの程度、信長の趣味世界にコミットしていくかは今のところ不明ですが、「まったく何をしたいのかわからない!」などと明智が困惑して苦しむ姿が放送されるのを少し期待している筆者です。

 しかし、実際、この手の仕事が、明智には大きなストレスになり、「本能寺の変」にもつながっていったのかもしれません。

 マネーと仕事ぶりで振り返る明智光秀の実像、次回に続きます。

関連記事(外部サイト)