MC芸人で人気が決まる!? 乃木坂46『乃木どこ』と欅坂46『けやかけ』ファンはどう見ているか

MC芸人で人気が決まる!? 乃木坂46『乃木どこ』と欅坂46『けやかけ』ファンはどう見ているか

『欅って、書けない?』テレビ東京

 AKB48グループの「公式ライバル」としてスタートし、現在では女子アイドルグループの実質トップにまで上り詰めている乃木坂46。

 その清楚なイメージや顔面偏差値の高さだけでなく、乃木坂人気を大きく押し上げたきっかけには、イジリー岡田がMCを務める『NOGIBINGO!』(日本テレビ系)、そして何よりバナナマンがMCを務める『乃木坂って、どこ?(通称:乃木どこ)』(テレビ東京系)の存在があったことは間違いない。

 バラエティ的瞬発力のある生駒里奈や松村沙友理、ビジュアル担当の白石麻衣、天然天才系の生田絵梨花、腹黒キャラ・秋元真夏など、個々の素材の良さも、もちろんある。

 だが、一人ひとりの個性を生かすバナナマン・設楽統の達者な仕切りと、日村勇紀の抜群のキャラクター性がうまく機能したからこそ、アイドルファンを超えた幅広い層から「バラエティとして普通に面白い」という評価を受けてきた面はあるだろう。

 しかし、それに比べ、「つまらない」という声が非常に多いのが「坂道シリーズ第2弾」として2015年8月に誕生した欅坂46のバラエティ番組『欅って、書けない?(通称:けやかけ)』(テレビ東京系)だ。

 グループを結成したばかりということもあり、メンバー個々にいまひとつ華がない、「様子見期間」という声もある。だが、「つまらない」理由として一番多く挙がっているのが、『乃木どこ』のバナナマンに対する、『けやかけ』の土田晃之と澤部佑(ハライチ)という「MCの力の差」である。

 ネット上には「(つまらないのは)どう考えても司会だろ」「バナナマンなら面白くなるよ」「バナナマンは、面白い・面白くないのギリギリのラインを、面白いほうに動かす力がある」などの指摘が多数見られるのだ。

 ある週刊誌記者は言う。

「澤部さんもそうですが、この番組で大きく株を下げたのは、土田さんだと思います。なにせ土田さんは、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)などのひな壇バラエティ主流の時代に“デキる芸人”として人気を集めてきた人。基本的に、デキない芸人に冷たくツッコむスタンスを取ってきたのに、いざMCに回ってみたら、アイドルたちのどうでもいいところばかり拾って、一生懸命掘り下げてみたり、ボケたり、意味のない自分の話をしたり、必死感が見ていてつらいです。こんなに、アイドルイジリもMCも、うまくない芸人さんだとは思いませんでした」

 では、坂道シリーズのファンたちは、そんなMCをどう見ているのか? 女子アイドルグループに詳しい編集者は言う。

「正直、アイドルファンにとっては、バラエティのMCがうまいとかヘタとか、あんまり関係ないんじゃないでしょうか。土田さんは、欅坂のファンの間では別に嫌われていないですし、むしろ『お父さんみたい』などと好意的に見られていると思います」

 さらに、その理由について次のように話す。

「土田さんはラジオ番組でも欅坂の子たちの話をよくしてくれていますし、あの子たちのことを大好きだという気持ち、愛情がすごく伝わってきます。自ら転んでみたり、ボケたりしてくれていることについても『(土田の)こんな姿、見たことない』と、ありがたく感じているファンは多いですよ。『今まで(土田のことが)嫌いだったけど、この番組を見て好きになった』というファンもいます。逆に、欅坂ファンにあまり好かれていないのは、見るからにビジネスでやっている感じの澤部さんのほうですね」

 一般視聴者からは「つまらない」の声が多い『けやかけ』だが、多くのファンに受け入れられ、支持されているのなら、それはそれでアリなのかも。

関連記事(外部サイト)