高畑裕太、不起訴でも芸能界復帰は絶望的!「弁護士発表書面のイメージが悪すぎる」

高畑裕太、不起訴でも芸能界復帰は絶望的!「弁護士発表書面のイメージが悪すぎる」

YouTube「ANNnewsCH」より

 強姦致傷容疑で逮捕された俳優の高畑裕太が9月9日に不起訴となったが、今のところ芸能界が迎え入れる様子はない。日本テレビの関係者は「私に決定権があるわけではないけど、基本、使わないと思う」と断言。同局では『24時間テレビ』のパーソナリティに抜擢したのに代役の用意を余儀なくされたり、逮捕当日のバラエティ番組が全面差し替えになるなど被害は甚大で、弁護士が無罪を主張しても、その扱いに変わりはないという。その決定的な理由は「事務所を解雇されたということ」だとした。

 高畑が所属する石井光三オフィスは、釈放当日に報道各社に謝罪のファックス。その中で「関係者の皆さまに多大なるご迷惑とご心配をお掛けしました事実を重く受け止め、本日、高畑裕太とのマネジメント契約を解除いたしましたことをご報告申し上げます」と解雇を発表した。

「芸能界では、事務所の解雇というのは起訴よりもデカいんです。芸能界の身元保証がなくなったということですから。容疑のシロクロは裁判にもなっていないので我々にはわかりませんが、芸能の仕事を続けられるなら、事務所が解雇することはないですよ。ハッキリ言えば、事務所の解雇は『仕事をさせられる人ではない』ということを暗に示されたようなものなんです」と日テレ関係者。

 同様に、ほか民放2局の局員に見解を聞いてみたが、ひとりは「事務所を解雇になったら、基本、使わない方針になる」と同回答で、もうひとりは「弁護士の見解が、イメージ悪すぎる」と言っていた。

「悪質な事件ではなかった」
「裁判になっていれば、無罪主張をしたと思われた事件」

 不起訴となった当日、担当弁護士の渥美陽子氏、小佐々奨氏の2名から出された見解は、容疑自体を「なかった」とするようなものだが、これは世間で大きな物議を醸しており、結果的に「高畑を使わない」という方針のダメ押しとなったようだ。

 ある放送作家は「弁護士はイメージ回復のために全力を尽くすつもりで出したんでしょうけど、芸能界や人気商売というものをまったく理解してないです。あれでは逆効果で、むしろイメージはさらに悪化したと思います。戦略は大失敗でしょう」とまで言っている。

 仮に高畑側の話の通りなら、警察による誤認逮捕という可能性が出てきてしまうが、放送作家は「事実関係より重要なのが、立場の構図」だという。

「テレビでは、敏腕弁護士を味方にしたタレントの強気発言は、被害者の立場の弱さを逆手に取っているように映るんです。弁護士の取った方針が大失敗だというのは、番組に出ている別の弁護士たちも言ってましたよ。同業者だからオンエア中は抑えめにコメントしていましたが、オフではボロクソ。ある弁護士は、例えば『相手女性がとても魅力的な方で、合意と思って接したのですが、僕は昔からコミュニケーションの仕方がヘタで、結果的に傷つけてしまったかもしれず、本当に反省しています』というような、誠意を伝えるものだった方が、ずっとよかったと言ってました。確かにこれなら、バラエティ番組は無理でも、役者としての復帰の可能性あった気はしますね」(同)

 事務所解雇に加え、弁護士ファックスが高畑のタレント生命を破壊。さらに謝罪会見で多くの同情を買っていた母で女優の高畑淳子に対するバッシングも強まっている。タレントはイメージを売る商売だけに、法的な罪に問われなくても、それ以上の社会的制裁を受ける結果になってしまいそうだ。
(文=片岡亮/NEWSIDER Tokyo)

関連記事(外部サイト)