派手さはなくても、味がある! クセ者オヤジたちが魅せる刑事ドラマ『MAJOR CRIMES〜重大犯罪課』

派手さはなくても、味がある! クセ者オヤジたちが魅せる刑事ドラマ『MAJOR CRIMES〜重大犯罪課』

『MAJOR CRIMES〜重大犯罪課〜<ファースト・シーズン>』

 アメリカン・ドラマにおいて、犯罪ドラマの人気は絶大。毎年、数多くの犯罪ドラマが世に送り出されるが、鉄板ジャンルだけに、あの手この手で工夫をこらしても生き残るのは至難の業。そんな熾烈な犯罪ドラマバトルの中で、派手な演出でもなく、イケメン祭りでもなく、実直なアプローチとおっちゃんたちの力で安定した人気を獲得しているのが『MAJOR CRIMES〜重大犯罪課』だ。

 舞台は、ロス市警にある重大犯罪課。苦しい台所事情もあり、司法取引で犯人逮捕の効率化を図ることになったロス市警の中でも、特に凶悪事件を扱う重大犯罪課には、その使命が重くのしかかってくる。その重責を担うために抜擢されたのが、シャロン・レイダー警部だ。しかし、元内務調査官だった彼女に、部下となるベテラン刑事たちは猛反発。警察内部の問題を調査する内務調査官は、同僚を疑うという立場的に、署内では嫌われ者。その上、レイダー警部は規則を重視する堅物とあって、たたき上げのベテラン刑事たちとの相性は最悪ともいえる。だが、そんなクセ者ぞろいの部下たちを巧みに操り、次第に確かな信頼関係を築いていくのが、レイダー警部の腕。その手腕は、事件解決にも大きく貢献していく。

 犯罪ドラマにちょくちょく登場する司法取引。だが、それをテーマに本格的にクローズアップしている点が、このドラマのひとつの売りになっている。いかに条件のいい取引をまとめるか。それは、事件の早期解決を望む警察側にとっても、もう後がない状況で、その後の人生が左右される犯罪者側にとっても最重要命題となる。いくら事件の早期解決を望むにしても、お気楽にポンポンと取引していては警察の威信に関わるわけで、取調室ではスリリングな駆け引きが展開される。そして、そのスリリングさを派手に演出するのではなく、時に犯した罪には見合わない量刑で涙をのむしかないことがあるシビアな現実もしっかりと描き出し、被害者の関係者や捜査を担当する刑事たちの無念さ、そこからにじむ刑事としてのプライドも実直に描いていく誠実さが、このドラマの魅力になっている。

 もっとも、ただひたすら実直にシビアな現実を突きつけられるだけでは、いくらいいドラマでも見続けるのはしんどくなってくるもの。そこでがぜん生きてくるのが、重大犯罪課のおっちゃんたちだ。番組のテーマである司法取引を“ひとつの売り”としたのも、この重大犯罪課のおっちゃんたちの存在感がこのドラマの最大の魅力といっても過言ではないからだ。

 いかにも華々しいイケメンなどひとりもいない重大犯罪課。チームの中心人物である古参のプロペンザは、オーバー60にしてバリバリ現役の勤続40年以上になる超ベテラン。“捜査は足で稼ぐもの”というポリシーを貫く頑固者だが、ベテランならではの手の抜き方も熟知する、抜け目のなさを持ち合わせている。バリバリ現役なのは仕事のみならず、私生活では4度の離婚を経験し、40歳以上の女性とは付き合ったことがないというツワモノだ。そんな彼と、いつも楽しそうに嫌み合戦を繰り広げつつ、事件の捜査では共に足で稼ぐ派のフリン。ハイテク関係に詳しく、穏やかながら実は意外とミーハーなところがあるタオ。ギャング関係にも詳しいコワモテだが、実は繊細なところがあるサンチェス。いつも控えめながら、テクノロジーに弱いプロペンザを嬉々としてからかい、サラリと毒を吐く、撮影記録担当の技術者バズ。一癖も二癖もあるその個性豊かなキャラクターがそろい、彼らの日常的なやりとりが絶妙なおかしみを生み出し、シリアスな場面でもクスっとさせられることもしばしば。ここでも露骨にコミカルに寄るわけでもなく、刑事である彼らのチームとしての日常の中で生まれる人間ドラマを、あくまでさり気なく描く実直さが反映されている。だからこそ、彼らの人間臭いキャラクターが、ストレートに伝わってくるのだ。

 それは、主人公であるレイダー警部も同様だ。クールであまり感情の起伏を見せない彼女だが、ある事件がきっかけで引き取ったホームレス少年ラスティとの関係が、彼女の人間らしい一面を大きく引き出している。ラスティとの関係が深まるほどに彼女の人間味は増し、それがチームとしてのまとまりにもつながっていく。仕事の面においても、難しい事件で巧みに司法取引をまとめる彼女は、かなりのキレ者。だが、反発する部下に対して頭ごなしに押さえつけるでもなく、キレ者らしく有無を言わせぬ存在感で圧倒するでもなく、ベテラン刑事を納得させるだけの実力を見せつつも、実にしなやかに、そしてスマートにチームをまとめ上げていく。その交渉術の巧みさは、ビジネスの現場でも大いに参考になるのではなかろうか。特筆すべきは、彼女の“声”。演じるメアリー・マクドネルは実力派女優として知られるが、その演技力以上に今作において、淡々としているが声を荒らげても決して耳障りにならない彼女の声の不思議な魅力は際立っている。

 おっちゃんたちのクセのある人間力と、“司法取引”というテーマにその声の魅力が間違いなく一役買っているレイダー警部。そんな彼らが繰り広げるキャラクターワークから感じ取れるのは、心地良さだ。どんな場所でも人間関係の難しさは存在するが、対立的な関係からひとつのチームへとまとまっていく中で、いくつになっても人間として成長していく姿にはすがすがしささえ感じる。扱っているのはシビアな犯罪ばかりでありながら、見ていて心地良いと感じさせるその作品個性は、犯罪ドラマにおいて非常に稀有なものだろう。

 ちなみに本作は 7シーズン続いた大人気ドラマ『クローザー』のスピンオフ。こちらは巧みなテクニックで容疑者を自白に追い込み、事件をクローズする事にスポットを当てたもの。レイダー警部も多くの重大犯罪課の面々も、『クローザー』から続投しているので、本作との違いを見比べてみるのも面白い。

★このドラマにハマった人におすすめ!
『クローザー』
『ホミサイド 殺人捜査課』
『リゾーリ&アイルズ』

●まくた・ちひろ
映画・海外ドラマライター。『日経エンタテインメント!海外ドラマSpecial』『ゲーム・オブ・スローンズ パーフェクト・ガイド』(日経BP社)、『海外ドラマTVガイド WATCH』(東京ニュース通信社)、『映画秘宝EXドラマ秘宝vol.2〜マニアのための特濃ドラマガイド』(洋泉社)等に寄稿。Twitterアカウントは@charumin

関連記事(外部サイト)