『Mステ』浜崎あゆみの「変な歌い方」に視聴者ショック!? 歌声の急速劣化で“懐メロ歌姫”窮地か

『Mステ』浜崎あゆみの「変な歌い方」に視聴者ショック!? 歌声の急速劣化で“懐メロ歌姫”窮地か

浜崎あゆみ

 歌手の浜崎あゆみが19日、音楽特番『ミュージックステーション ウルトラFES 2016』(テレビ朝日系)に生出演し、16年前の自身のヒット曲「M」を披露。その歌声の変化に、ショックを受ける視聴者が続出している。

 純白のウエディングドレス風衣装で登場した浜崎は、2000年から01年にかけてリリースされた「M」「SEASONS」「evolution」の3曲を披露。感情が高ぶったのか、「M」の歌い終わりで涙を拭うような仕草も見られた。

 そんな熱のこもったパフォーマンスとは裏腹に、ネット上では「全然、声出てなかった」「悲しかった」「昔はうまかったのに」「諸行無常」といった声が相次いでいる。

「約2年前に出演した『ミュージックステーション スーパーライブ 2014』(同)でも『M』を披露したあゆですが、その時は全盛期に近いキレイな声が聞けただけに、歌声の急激な劣化に衝撃を受けた視聴者も多かったようです。02年頃から、何度か歌い方を変化させてきたあゆですが、ここ最近は、絞り出すような変な歌い方に様変わりし、高音部分をビブラートでごまかすことも増えた印象。1999年のヒット曲『kanariya』『TO BE』あたりは、原曲キーではとっくに歌えなくなっているようです」(芸能記者)

 エイベックス主催の大型夏フェス『a-nation』では、今年も“大トリ”を務めた浜崎。ここ数年の楽曲が浸透していないためか、フェスやテレビ出演時には10年以上前のヒット曲を披露することが多い彼女だけに、高音が出ないのは死活問題といえそうだ。

「失恋ソングとして知られる『M』は、本人も『失恋した時に聞きたい曲』に挙げるなど、思い入れが強い楽曲。今月11日、公式ファンクラブサイトで、14年に結婚した10歳下の米国人医科大学院生と離婚する意向を明かしたあゆですが、たとえ声が出なくても、このタイミングでウエディングドレスを着て『M』を歌うことには、彼女なりの深い意味があったのでは?」(同)

「全てには 必ずいつの日にか 終わりがやって来るものだから」「別れの道選ぶふたり 静かに幕を下ろした」と悲しげなフレーズが並ぶ『M』を、純白のドレス姿で披露した浜崎。たとえ酷い歌声であったとしても、そこには特別な思いがあったようだ。

関連記事(外部サイト)