宇多田ヒカルの“無特典商法”に賛辞! 複数購入促すEXILEベストアルバムが「ズル勝ち」か

宇多田ヒカルがニューアルバム『Fantome』を28日に発売 "特典なし"に称賛の声相次ぐ

記事まとめ

  • 宇多田ヒカルのニューアルバムの売り方に対し、ネットでは「貫禄が違う」といった声
  • 3形態でのリリースや購入者特典のEXILEと違い、宇多田は通常版1形態のみで特典もなし
  • 歌で勝負しようという宇多田の心意気が感じられると音楽誌の記者は分析している

宇多田ヒカルの“無特典商法”に賛辞! 複数購入促すEXILEベストアルバムが「ズル勝ち」か

宇多田ヒカルの“無特典商法”に賛辞! 複数購入促すEXILEベストアルバムが「ズル勝ち」か

宇多田ヒカル

 8年半ぶりとなるオリジナルアルバム『Fantome』(UNIVERSAL MUSIC)を28日に発売するアーティスト・宇多田ヒカルに対し、称賛の声が相次いでいる。

 2010年に「人間活動に専念する」として、翌年以降の活動休止を発表した宇多田だが、活動再開後はテレビ出演にも積極的。休止中の6年間は「ほぼ歌っていなかった」という彼女だが、19日放送の『ミュージックステーション ウルトラFES 2016』(テレビ朝日系)で「桜流し」を歌唱すると、変わらぬ歌声に「前にも増して、染みる」「若い頃より、バラードが似合う」などと視聴者が沸いた。

 そんな宇多田のニューアルバムの“売り方”に対し、ネット上では「かっこいい」「さすが」「貫禄が違う」といった声が目立つ。

「宇多田のアルバム発売日は、EXILEのベストアルバムのリリース日の翌日にぶつけており、チャートを気にしていないことがうかがえる。また、3形態でのリリースや、購入者特典で複数購入を促しているEXILEとは違い、宇多田は通常版1形態のみで、特典もなし。宇多田はライトファンが多いため、特典商法が合わないのかもしれませんが、それでも歌で勝負しようという宇多田の心意気が感じられます」(音楽誌記者)

 確かに、宇多田の『Fantome』が近年では珍しく、ごくシンプルな販売方法であるのに比べ、EXILEのベストアルバム『EXTREME BEST』(rhythm zone)は、パッケージや、収録内容の異なる3形態を発売。さらに、DVD付きとBlu-ray付きを併せて購入することで、非売品パスケースやステッカーが付いてくる特典も。ちなみに、このDVDとBlu-rayに収録されているのは同じ映像で、ジャケットのデザインもほとんど変わらないため、熱心な若いファンの懐事情を思うと、少々気の毒な印象だ。

「EXILEは、ほかにも通常盤の購入特典としてポスターを付けており、複数購入するファンも多そう。ただ、宇多田はこれまでリリースした5枚のアルバムが全てミリオンセラーを記録しており、ネット上では『久しぶりにCDを買いに行こう』という声も目立つ。どちらが首位を獲得するか、見ものですね」(同)

 1999年のアルバム『First Love』が、日本で870万枚以上出荷され、国内アルバムセールス歴代1位を保持している宇多田。帰ってきた歌姫と、今をときめくEXILE、どちらに軍配が上がるだろうか?

関連記事(外部サイト)