広瀬すずを「バカ」呼ばわりで……小島瑠璃子が“共演NG”に!?

『ネプリーグ』のクイズで「バカ」呼ばわりされ広瀬すず側が小島瑠璃子との共演NGか

記事まとめ

  • 広瀬すずが『ネプリーグ』のクイズで不正解を連発し、チームは敗退した
  • これに小島瑠璃子が呆れて、広瀬を小バカにした発言をし続け「バカ」呼ばわりした
  • これに広瀬の所属事務所は激怒し、今後は小島とは共演NGということになったという

広瀬すずを「バカ」呼ばわりで……小島瑠璃子が“共演NG”に!?

広瀬すずを「バカ」呼ばわりで……小島瑠璃子が“共演NG”に!?

小島瑠璃子

 業界の「共演NGリスト」に、新たな名前が加わった。いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの女優・広瀬すずと、昨年は年間400本以上の番組に出演したバラエティ界の女王・小島瑠璃子の2人だ。

 きっかけは、9月5日に放送された『ネプリーグ』(フジテレビ系)だった。番組では、広瀬が映画『四月は君の嘘』チームのメンバーとして出演。ネプチューン・堀内健らと、出題された日本語を制限時間内に英単語に訳すクイズに挑んだ。

 広瀬は「例えば」の問題に「え、なになに?」と戸惑い、不正解。続く「朝食」を訳す問題でも、「なに? 待って、待って」とテンパったまま言葉が出ない。3問目の「祭り」でようやく「フェスティバル」と声を上げ正解するも、その後、「警察」を訳す問題は「あれ、なんだっけ、なんだっけ!?」と時間切れ。「虫」でも「え!? わかんない!」とうろたえ、答えられずじまい。結局、広瀬の失態により、チームはボーナスステージには上がれず、敗退した。

「これにあきれていたのが、対戦チームの小島瑠璃子でした。広瀬が固まるたびに、『うそぉ〜、簡単なのに』『えー、ヤバ〜イ』と、小バカにしたリアクションを取り続け、挙げ句には『バカだったね〜』と広瀬をバッサリ斬り捨て、笑いを取っていました。ところが、この発言に、広瀬の所属事務所は“イメージが悪くなった”とカンカン。とはいえ、クレームをつけようにも、小島は大手のホリプロ所属とあって、表立ってケンカはできない。結果、今後は小島とは共演NGということになったようです」(テレビ関係者)

 対照的に、小島はスラスラと問題を解いていたため、余計に広瀬の教養のなさが浮き彫りになってしまった。

「小島は大学こそ中退しているようですが、偏差値70といわれる千葉県立千葉東高校出身。さらに、売れる前は、人気番組を片っ端から視聴して“ウケるコメント”を研究していた苦労人でもあります。そんな彼女には、“女優にバラエティを荒らされたくない”という思いもあったのかもしれません。番組の途中で、広瀬が答えているときに下を向いてやる気なさそうにしていたのも、その表れでしょう」(同)

 若手女優のトップとバラエティ女王の「夢の共演」は、これで最後となりそうだ。

関連記事(外部サイト)