浮気された妻が大変貌! ヒラリー・クリントンをモデルにした法廷ドラマ『グッド・ワイフ』

浮気された妻が大変貌! ヒラリー・クリントンをモデルにした法廷ドラマ『グッド・ワイフ』

『グッド・ワイフ 彼女の評決 シーズン1 DVD-BOX』(パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン)

 ヒラリー・クリントンとドナルド・トランプがついに直接対決した初の討論会も実施され、ますますヒートアップしている次期アメリカ大統領選挙。アメリカン・ドラマには多くの政治ドラマがあるが、ここでぜひとも押さえてほしい作品が『グッド・ワイフ』だ。もっとも、映画監督のリドリー・スコットと故トニー・スコットが製作総指揮を務める本作は、正統派の政治ドラマとは少々趣が異なり、ベースは法廷ドラマだ。

 主人公となるアリシアは、ロースクールを首席で卒業し、シカゴの大手弁護士事務所に2年間勤めた後、検事である夫ピーターとの結婚を機に家庭に専念していた。良き妻、良き母として家庭を守ってきた彼女だが、夫のセックス・スキャンダルと汚職事件によって人生が急転。懲役10年の実刑となったピーターの莫大な控訴裁判費用と2人の子どもたちとの生活費を稼ぐため、学生時代の友人ウィルがパートナーとなっている弁護士事務所で、13年ぶりに社会復帰する。しかし、世間の目は厳しい。職場ではロースクールを出たばかりの新米弁護士ケイリーと、ひとつしかないジュニア・アソシエイトの座をめぐり熾烈な競争を繰り広げ、事務所の共同経営者でキャリア一筋のダイアンからは冷たくあしらわれる。夫のスキャンダルのせいでどこに行っても好奇の目にさらされる中、弁護士としての実績を上げなくてはならない。だが、そんな過酷な状況の中で、アリシアはどんどん輝きを増していく。

 アリシアを演じるジュリアナ・マルグリーズは、傑作医療ドラマ『ER 緊急救命室』のキャロル役で高く評価され、海外ドラマファンにも、おなじみの実力派女優。シリーズが始まった頃はどこか自信なさげだったアリシアが、意図せぬキャリア復帰によって次第に毅然とした女性へと変化していく様を見事に体現していく。一見上品で控えめながら、その心の内にはしっかりと野心もあり、したたかさも持ち合わせた彼女の美熟女っぷりにも大いに注目だ。

 人生の危機に直面し、その苦難をしなやかに乗り越えていくヒロインをはじめ、共同経営者ダイアンや、調査員のカリンダなど、多彩なキャラクターのリアルな女性像が多くの女性から支持されている本作だが、これはあくまでもドラマの魅力のひとつ。女性視点は本作の主題ではあるが、ひとたび法廷に出れば、女性も男性もない。アリシアが所属する事務所は、さまざまなスペシャリストを擁する大手事務所だけに、扱う案件もいかにクライアントに有利な結果を勝ち取るか、相手弁護士と目まぐるしく駆け引きを繰り広げる民事のみにとどまらず、刑事事件となれば、検察相手にスリリングなバトルを展開する。事務所内では熾烈なポジション争いにさらされ、さらなるキャリア・アップを目指しての独立画策、さらに事務所自体が解体の危機に直面するなど、毎シーズン息つく暇もない。

 そんな生き馬の目を抜くシビアな世界で、時に自分の信念に相反する主張をしなければならないこともあるのが弁護士のツラいところ。法律そのものが理不尽な時もある。そうした不条理とどう折り合いをつけていくのか、法に携わる人間たちのそれぞれの立場での主張や信念、そして葛藤が丹念に描かれ、まさに法廷ドラマの醍醐味がぎゅっと凝縮されているのだ。

とはいえ、あまりに争いばかりでは疲れるとの配慮なのか、基本的にはシリアス路線ながら、なぜか面白キャラが集中しているのもこのドラマにおける法曹界。マイケル・J・フォックスが演じる、自身の病気をしたたかに利用し、露骨な同情戦法を得意とする食わせ者弁護士ケニングや、とっぴな行動が多く、常人には理解不能な変わり者だが、弁護士としては超一流なエルズベス(ちなみに、同じく弁護士である元夫も相当の変わり者)などは、ゲスト・キャラクターながらレギュラー・キャラクターに負けず劣らずの人気を集め、法廷では絶対的な存在である判事にも、ちょいちょいとクセ者・変わり者キャラが登場する。そんな彼らをどうあしらっていくのかも、このドラマの楽しみのひとつだ。

そして、シーズンを重ねるほどに色濃くなっていくのが、政治ドラマとしての側面だ。夫のセックス・スキャンダルを乗り越えた人物といえば、第一に名前が挙がるのがヒラリー・クリントンだが、アリシアのキャラクターは彼女を含めた実在する複数の人物がモデルとなっている。シーズンが進むにつれ、アリシアの生活は、政治の世界に巻き込まれていくが、もはや夫婦生活は破綻していながらも、アリシアは夫のキャリアのために離婚はせず、表向きは夫を支える良き妻を演じながら、友人だったウィルとの関係に揺れ動く。そんな危険なスキャンダルをはらみながら、政治の世界の舞台裏がリアルに描かれ、夫のキャリアが地方検事からどんどんスケールアップしていくに従って、一筋縄ではいかない政治ドラマが展開される。

 この政治ドラマの中で肝となるのが、夫・ピーターの選挙参謀であるイーライ・ゴールド。表に立つのはピーターであり、妻アリシアであっても、その絵図を描いていくのは裏方であるイーライだ。いかに対立候補を出し抜き、ピーターとアリシアのイメージアップを図り、スキャンダルをもみ消すか。法廷ドラマだけでなく、政治の世界ならではの頭脳戦の面白さにも注目だ。時代性も積極的に取り込んでいる本作は、ファイナル・シーズンでは現在進行形のアメリカ大統領選挙の予備選がクローズアップされている。この点においても、まさに今こそ見ておきたいドラマだ。

★このドラマにハマった人におすすめ!
『スキャンダル』
『ハウス・オブ・カード』
『殺人を無罪にする方法』

●まくた・ちひろ
映画・海外ドラマライター。『日経エンタテインメント!海外ドラマSpecial』『ゲーム・オブ・スローンズ パーフェクト・ガイド』(日経BP社)、『海外ドラマTVガイド WATCH』(東京ニュース通信社)、『映画秘宝EXドラマ秘宝vol.2〜マニアのための特濃ドラマガイド』(洋泉社)等に寄稿。Twitterアカウントは@charumin

関連記事(外部サイト)