長谷川豊アナ、収まらない批判に「自業自得」の番組降板! さらにMX『ダンディ』も?

長谷川豊アナウンサーのブログ記事騒動で、TOKYO MX『バラいろダンディ』降板の可能性

記事まとめ

  • 長谷川豊アナがブログに人工透析患者に関する記事を投稿して騒動になっている
  • これを受け、テレビ大阪番組に続きTOKYO MX『バラいろダンディ』降板もありうるという
  • 長谷川アナは異常なぐらいの目立ちたがり屋と親交があるという女性記者は語った

長谷川豊アナ、収まらない批判に「自業自得」の番組降板! さらにMX『ダンディ』も?

長谷川豊アナ、収まらない批判に「自業自得」の番組降板! さらにMX『ダンディ』も?

長谷川豊 公式サイトより

 元フジテレビの長谷川豊アナウンサーによる「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!」との過激なブログ記事による騒動の影響で、テレビ大阪は9月29日、キャスターを務めていた報道番組『ニュースリアルFRIDAY』からの降板を発表した。

 同局は「多くの人に著しく不快感を与えた」「何よりも言葉を大切にしなければならない報道番組のキャスターとしては不適切な発信と言わざるを得ません」とした。

 実は、TOKYO MXでも、月〜木でキャスターを務める『バラいろダンディ』降板の可能性が出てきている。

テレ大の降板発表前に取材したところ、「番組上の問題ではないので、それを理由にするかどうかはわかりませんが、内部にかなり怒っている人がいる」と、MXの番組制作をしている下請けテレビ関係者。

「MXは全国ネットと違い、視聴率勝負をしていないので正直、話題になったほうが得という部分があります。多くの番組が視聴率1%に届かず、視聴者から『長谷川を使うなら見ないぞ』というクレームが来ても、実際の影響は大きくなく、むしろ数字が上がる可能性もあるぐらい。だから本来、こういう炎上を歓迎する傾向があるんですが、局の大株主であるエフエム東京に人工透析を受けている有力関係者がいて、かなり不快感を示したらしいんです。このまま局へのクレームなども増え続けて騒動が収まらなければ降板、もしくは少し時間を置いて『編成上の都合』としての卒業などがあり得るかも……」(同)

 実際、この騒動で一番困惑しているのは、クレームを受けているテレビ局だともっぱら。長谷川アナは9月19日、健康保険制度の解体を提言。「今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!」として、前述の内容を自身の公式ブログ「本気論 本音論」に投稿した。

 記事では、長谷川アナが人工透析を担当する医師から、8〜9割ほどの人工透析患者は自業自得の生活習慣が原因だという話を聞き、年間500万円かかる人工透析の医療費が医師にとって「金のなる木」になっているとした。

 ただ、透析患者は「身体障害者1級」に認定されるため、映画館や公共交通の代金が半額で済み、ディズニーランドでも並ぶ必要がなく「横入りし放題」とした医療費と無関係な話は、透析患者を敵視するようにも受け取れる内容で、その記述も他者のブログからの丸写しだったことなどに批判が殺到。記事を転載したニュースサイトは「掲載段階でのチェック体制の不備」として削除したが、長谷川アナは「(ネットユーザーらが)殺せという言葉を必死になって取り上げているのは理解力のない小学生レベルのバカ」と、別の角度から反論。これでなお“炎上現象”が拡大してしまった。

 長谷川アナの主張には、実際の患者や専門家からも多数の反論があるのだが、その主張の中身に関する議論はさておき、表現があまりに下品だったために強い批判を受けたのは確かだ。ネットでは、これを「炎上商法」ともいわれた長谷川アナだが、その後の記事では昨年の収入はフジ時代の6倍以上で、今年はそれを上回ると自慢した上「テレビレギュラー週8本をなめんなよ」とまで書いて、「あれで局へのクレームが煽られた」とは前出関係者。

 現時点でMXより番組降板の発表はないが、いずれにせよ長谷川アナへの批判は渦巻いており、前出関係者も「個人的に見ても、医療費を減らすべきという文脈でいいのに、他人のブログから盗用した上に、ディズニーも横入できる患者なんか死ね、なんて表現をしたのでは理解されないのは当然かと思う」と、長谷川アナに対し否定的だ。

 長谷川アナと親交があるという女性記者に聞いてみても「悪い人じゃないんですけど、異常なぐらいの目立ちたがり屋で、昔から上から目線をしたがる性格。だから、タレントには向いているけど、ニュースキャスターだと遅かれ早かれこういう騒動は起きるとは思ってました」という。

 長谷川アナの論調は「自業自得な人は救われなくともよい」と読み取れるが、それならば、この騒動で自身の仕事がなくなっても「自業自得」ということになるだろう。
(文=藤堂香貴/NEWSIDER Tokyo)

関連記事(外部サイト)