「女の子の服が似合う男の子」はTOKIO・松岡昌宏だけじゃない!? ジャニーズ“女装”の系譜

 TOKIOの松岡昌宏の女装が話題だ。10月21日よりはじまる新ドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)において披露される。このドラマで松岡は、ほぼ全編にわたり女装で登場するという。メイクを終えると母親そっくりの姿があり、松岡自身も驚いたそうだ。実はジャニーズタレントと女装には意外なつながりがある。

「ジャニーズタレントはイケメンぞろいですが、ジャニーさんの選考基準として“女の子の服が似合う男の子”というものがあります。これは“女の子みたいな男の子”という中性的な魅力とも異なるもので、ひとつの指標になっているようです。わかりにくいですが、KinKi Kidsならば剛が前者、光一が後者と見ると感覚がつかめるかもしれません」(芸能ライター)

 ジャニーズ事務所はいま流行りの“女装子カルチャー”を先取りしていたということか。さらに、ジャニーズは、高身長ではなく、身長170センチ前後のタレントが目立つ。これもジャニーさんの好みのようだ。

「身長が高いとどうしても、猛々しいイメージになってしまいます。そのため、身長が低くかわいらしい人たちを選んでいるといえるでしょう。さらに、ジャニーズタレントはバックダンサーからキャリアをスタートさせますが、その際に大きいとメインより目立ってしまい問題もあるようです。もちろん、身長が高いメンバーはデビュー組にもいるので、一概には言えませんが……」(同)

 ちなみに松岡は身長181センチの長身の持ち主。女装姿はさぞインパクトがあるに違いない。『家政夫のミタゾノ』はこれまで数々の名作を生み出してきた家政婦ドラマに新たな歴史を刻みそうだ。
(文=平田宏利)

関連記事(外部サイト)