石原さとみが「大作」連呼! 日テレ『地味にスゴイ!』12.9%好スタートも「オチが雑すぎ」!?

石原さとみが「大作」連呼! 日テレ『地味にスゴイ!』12.9%好スタートも「オチが雑すぎ」!?

石原さとみ

 石原さとみが主演を務める連続ドラマ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)が5日にスタートしました。平均視聴率は12.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。前クールの同枠で、民放連ドラ視聴率トップとなった北川景子主演『家売るオンナ』の初回平均12.4%を、いきなり超えちゃいました。

 原作は、出版社の校閲部を舞台にした宮木あや子氏の小説シリーズ『校閲ガール』(KADOKAWA)。ちなみに、サイゾーの社内にも校閲部がありまして、「真矢みきは、いつの間にか真矢ミキに改名していますよ」「チェキッ娘における秋元康氏の立ち位置は、プロデューサーではなく“協力”ですよ」などと言って原稿を直してくれる、なくてはならない存在です。

 石原演じる河野悦子は、ファッション誌編集者志望のスーパーポジティブ女子。しかし、名前が略すと“こうえつ”になることと、気になることはとことん確認しようとする性格が校閲部の部長(岸谷五朗)に買われ、出版社「景凡社」の校閲部に配属されます。

 序盤から、採用試験の面接官たちに“ファッション誌愛”をまくし立てる悦子ですが、石原って早口で話す時、口が曲がるんですね。今回、気になった人は多かったようで、放送中、ネット上でも大きな話題となっていました。ちなみに、来週のゲストはともさかりえのようですから、チャーミングな口曲がり合戦が繰り広げられるかもしれませんね。

 悦子が最初に担当する原稿は、大御所ミステリー作家・本郷大作(鹿賀丈史)の人気シリーズ。悦子も「え!? 本郷先生って、本郷大作!? やらせてください!」と気合十分です。あれ? 大作? さとみ、大作、さとみ、大作、池田……偶然とはいえ、これはザワザワが止まりませんね。心なしか、さとみが「大作」を言いなれている気がします。

 そんな大御所作家の原稿でも、容赦なくバシバシと赤字を入れていく悦子。これに、大作の担当編集者・貝塚(青木崇高)は激怒しますが、大作はそんな悦子を面白がり、すっかり気に入ってしまいます。

 悦子からの「女子高生の口調が古臭い」といった内容に関する赤字も、喜んで受け入れる大作。しかし、ただ1カ所、小説内に登場する東京・立川の「立日橋(たっぴばし)」の名称だけ、頑なに「立田橋(たったばし)」と誤った表記のまま進めようとします。

「納得いかない。だって変じゃない? なんでこの橋だけ架空の名前なの!?」と、会社を飛び出し、「立日橋」へ向かう悦子。地元民への聞き込みなどを続けるうちに、写真館に飾られた、昔の大作の家族写真を発見。そこに写る大作の妻にコンタクトを取ろうとしますが、うまくいきません。

 そんな悦子の勝手な行動を知った大作は、「もう景凡社には書かない。君のしたことは校閲ではない。他人のプライバシーを踏みにじる行為だ」と激怒。大作は20年前に妻に逃げられており、触れられたくない過去だったようです。

 しかし後日、悦子が大作に会うと「別れた妻に会ってきたよ」と笑顔。どうやら、悦子の行動が、ずっと連絡を取らずにきた妻と会うきっかけになったようです。また、20年前に別れた息子が、当時「立日橋」を「たったばし、たったばし」と散歩をねだっていたため、「立田橋」と書いたとか。大作は、「息子だけに送ったメッセージのつもりだったが、校閲を舐めてた。君に感謝しないといかんなあ。あっはっはっは」と笑いながら、悦子を置いてどこかへ行ってしまいました。う〜ん、大作の妻も息子も登場せず、説明だけで急に解決してしまったからでしょうか……、後半がかなり雑に感じました。

 オチはアレでしたが、コメディ要素が強すぎず、『家売るオンナ』にも似た路線を感じました。これは、視聴率2ケタをキープできるかもしれません。当サイトは、そんな『地味にスゴイ!』を最終回まで見守っていきます!
(文=どらまっ子TAMOちゃん)

関連記事(外部サイト)