TBS日曜劇場『IQ246』織田裕二の演技に『相棒』パクリ疑惑!「完全に右京さん」指摘殺到で暗雲

TBS『IQ246〜華麗なる事件簿〜』で主演を務める織田裕二の演技に『相棒』パクリ疑惑

記事まとめ

  • 織田裕二がTBS『IQ246〜華麗なる事件簿〜』で3年以上ぶりの民放連ドラ主演を果たす
  • 織田は人気の低迷が叫ばれて久しく、今作次第で“オワコン”と言われかねないという
  • しかし、織田の演技に『相棒』での水谷豊の演技そっくりとの指摘が相次いでいる

TBS日曜劇場『IQ246』織田裕二の演技に『相棒』パクリ疑惑!「完全に右京さん」指摘殺到で暗雲

TBS日曜劇場『IQ246』織田裕二の演技に『相棒』パクリ疑惑!「完全に右京さん」指摘殺到で暗雲

TBS『IQ246〜華麗なる事件簿〜』公式サイトより

 16日スタートの連続ドラマ『IQ246〜華麗なる事件簿〜』(TBS系)で主演を務める織田裕二の演技に、“パクリ疑惑”が浮上している。

「日曜劇場」枠で放送される同作は、織田演じるIQ246の貴族の末裔・法門寺沙羅駆(ほうもんじ・しゃらく)が、難事件を解決するオリジナル脚本のミステリー。「ああ、暇だ暇だ。どこかに私が解くに値する事件はないものか」が口癖の沙羅駆が、自らが解くに値する“美しい事件”を求めてさすらうのだという。

 織田にとっては、フジテレビ系『Oh,My Dad!!』以来、3年以上ぶりとなる民放連ドラ主演。バラエティ番組に極力出ないことで知られる織田だが、8日に生出演した『オールスター感謝祭』(TBS系)では、前のめりでドラマをアピールしていた。

「脇には、土屋太鳳、ディーン・フジオカ、中谷美紀といった主役級がズラリ。人気の低迷が叫ばれて久しい織田ですが、『日曜劇場』枠で派手にコケたら“オワコン”とも言われかねない。近年、代表作に乏しい織田だけに、ここはなんとしてでもヒットさせたいところ」(テレビ誌ライター)

 しかし、予告映像などで見られる、主人公の独特なしゃべり方に対し、ドラマファンから『相棒』(テレビ朝日系)シリーズの水谷豊演じる杉下右京に「そっくり」との指摘が殺到。ネット上では、「完全に右京さん」「右京の二番煎じじゃん」「織田裕二が右京さんのモノマネしてる」といった声が相次いでいる。

「織田はおそらく、アガサ・クリスティ原作の海外ドラマ『名探偵ポワロ』の主人公“エルキュール・ポアロ”をマネているのでしょう。吹き替え版で声優を務めた故・熊倉一雄氏のしゃべり方にそっくりですから。ちなみに、右京の造形にもポアロが大きく影響していますから、2人のしゃべり方が似てしまったのは必然とも。しかし、10月からは『相棒15』もスタートしますから、『相棒のパクリ』と織田を揶揄する声は、今後さらに大きくなりそう。これが視聴率に影響しなければいいですが……」(同)

 放送前から不穏な空気が漂う『IQ246』。ネチネチとしたしゃべり方で事件を解決する沙羅駆は、織田のはまり役となるだろうか?

関連記事(外部サイト)