“梨園の妻”の先輩たちから総スカン……藤原紀香、相変わらずのKYぶりで浮きまくり!

“梨園の妻”の先輩たちから総スカン……藤原紀香、相変わらずのKYぶりで浮きまくり!

藤原紀香

 歌舞伎俳優の片岡愛之助の妻で女優の藤原紀香が7日、都内で行われた台湾ブランド展示イベントに登場した。

 愛之助は3日に初日を迎えた東京・新橋演舞場の十月花形歌舞伎『GOEMON 石川五右衛門』に出演中。イベントは昼に行われたが、紀香は「夜の部(の公演)は愛之助のごひいきの方がいらっしゃるので行きます。初日と千秋楽、ごひいきの方がいらっしゃる時に(劇場に)行くのはマスト。私はまだ新人なので、ひとつひとつ勉強したい」と梨園の妻としての活動をしたり顔でアピールしたが、この発言が波紋を呼びそうだという。

「梨園の妻として“デビュー”してから、わずか1週間足らずで、わかったような顔。愛之助の公演初日の公演前、わざわざロビーの目立つ場所で関係者を出迎えて、集まった報道陣にその映像や写真を撮らせるなど、相変わらず自分が“主役”でないと気が済まないようだ。とはいえ、さっそく、先日の愛之助との結婚披露宴に愛之助が元愛人を招待していることを『週刊文春』(文藝春秋)に報じられるなど、まだまだ愛之助は脇の甘いところだらけ。この分だと、今後も“芸の肥やし”の話題が続々と出てきそうだ」(女性誌記者)

 紀香は6日には、披露宴の司会を務めた徳光和夫アナウンサーとともに、NHKホールで開催された「第16回虹の架け橋まごころ募金コンサート」(日本音楽事業者協会主催)の司会を務めるなど、これまでと同じスタンスで自身のタレント活動もこなす意向のようだが、おかげで、梨園の妻として先輩たちに食い込むのは、なかなか難しそうだ。

「現在、梨園の妻の頂点に君臨しているのは、中村吉右衛門の妻だといわれている。紀香は梨園の関係者を通じ、吉右衛門の妻をはじめとする先輩たちに『いろいろご指導をいただきたい』と片っ端からアプローチしているようだが、まったく相手にされていない。今後、愛之助が座長を務めた場合など、知らないと困ることが出てくるだけに、先輩たちに師事したいようだが、そのためにはまずタレント活動をやめるべきでは」(演劇記者)

 現在、不倫騒動で世間を騒がせた夫の中村芝翫と3人の息子が同時に襲名披露公演を行っている女優の三田寛子でさえ、今年1月に出演したテレビ番組で「どういう時に何を着るかがわからないんですよ、TPOが。いまだに怖いですね、間違えそうで」と告白。まずは、芸能界の大先輩である三田に、すり寄ったほうがよさそうだが……。

関連記事(外部サイト)