絶好調の天海祐希主演『緊急取調室』続編内定も、手放しで喜べないテレ朝の事情

天海祐希、テレ朝『緊急取調室』続編が内定 田中哲司、大杉漣ら大幅ギャラアップか

記事まとめ

  • 天海祐希主演の『緊急取調室』シーズン2が高視聴率をキープ、続編放送が内定したそう
  • 同作は田中哲司、大杉漣、小日向文世、鈴木浩介、大倉孝二ら"売れっ子脇役"を起用
  • 天海の事務所からはギャラアップが提示されたといい、続編内定もテレ朝は複雑か

絶好調の天海祐希主演『緊急取調室』続編内定も、手放しで喜べないテレ朝の事情

絶好調の天海祐希主演『緊急取調室』続編内定も、手放しで喜べないテレ朝の事情

天海祐希

 天海祐希主演の連続ドラマ『緊急取調室』シーズン2(木曜午後9時〜/テレビ朝日系)が絶好調だ。初回は17.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)とロケットスタートすると、以後、14.2%→12.4%→12.4%→13.2%と高視聴率をキープ。第5話までの平均は14.0%で、今期の連ドラの中ではトップを走っている。

 在宅率が下がるゴールデンウイーク期間中、はかのドラマは軒並み低視聴率に沈んだが、同ドラマに関してはほとんど影響なく、高い数字を死守した。

『緊急取調室』は2014年1月期にシーズン1が放送され、平均12.9%を記録。15年9月放送のスペシャル版も14.6%をマークした。満を持してスタートしたシーズン2も快調とあって、テレ朝としては、なんとしてもシーズン3を実現させたいところだが、ここにきて続編放送が内定したという。

「天海は昨年10月期の主演ドラマ『Chef〜三つ星の給食〜』(フジテレビ系)が大爆死に終わっていただけに、『緊急取調室』の高視聴率には気分をよくしているようです。そんな折に、テレ朝から続編オファーを受けたのですから、断るはずがありません。時期は確定していませんが、来年4月期あたりが有力のようです」(テレビ制作関係者)

 さぞやテレ朝は万々歳かと思いきや、手放しで喜べない事情もあるのだという。

「なにせこのドラマは、田中哲司、大杉漣、小日向文世、鈴木浩介、大倉孝二といった“売れっ子脇役”を多数起用しています。次回作でも同じメンバーをそろえるとなると、スケジュール調整が大変です。さらに厄介なのがギャラの高騰。シーズン1に続くヒットで、天海の所属事務所(研音)からは、“高視聴率”を盾に、大幅なギャラアップが提示されたといいいます。続編をやりたいテレ朝としては、その条件をのむしかなかったわけですが、制作費が膨れ上がるのは痛いところです」(同)

 複雑な事情を抱えながら、シーズン3の制作が内定した『緊急取調室』。テレ朝的には、次回作も高視聴率獲得が必須となったようだ。
(文=田中七男)

関連記事(外部サイト)