視聴率上昇! TBS系『あなたのことはそれほど』で“カニアレルギー”になる人が続出!?

視聴率上昇! TBS系『あなたのことはそれほど』で“カニアレルギー”になる人が続出!?

TBS系『あなたのことはそれほど』番組サイトより

 折り返しまでやってきた“ゲス不倫劇”『あなたのことはそれほど』(TBS系)。23日放送の第6話の視聴率は11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と上昇。

 美都(波瑠)と光軌(鈴木伸之)の不倫が、美都の夫である涼太(東出昌大)にバレ、一方で光軌の妻・麗華(仲里依紗)も勘づくという、4人の関係性が描かれたのが前回。

 今回は、いよいよ崩壊が始まります。不倫を認知した上で、美都を愛する選択をした涼太。当然のように夫婦間はぎこちなく、その溝を埋めるために涼太はあれやこれや夫婦間のルールを作ったりと歩み寄りますが、美都との距離はどんどん離れていきます。

 光軌と麗華は、麗華の勘のよさが今回も炸裂。たまたま公園で再会した涼太の名前を聞いて、美都と涼太が夫婦であることを見抜き、光軌に「今、好きなことをしていいって言われたら、あなたを1人にしない」と、もうほとんどバレているんじゃないかってくらいお見通しのよう。

 それでも逢瀬を重ねる美都と光軌。互いの伴侶の愚痴を言い合ったり、下半身と一緒で頭の中もお粗末みたいです。

 この四つ巴の“ゲス不倫劇”。最初に代償を払うのは、もちろん主人公の美都。涼太がひそかに麗華に接近したことに腹を立てて、ひと悶着。「どうしてそんなことするの!」と美都は涼太に食って掛かりますが、「2人で散々楽しんだくせに」と言われてぐうの音も出ません。

 結局「あなたの笑顔は息が詰まる」と、美都は家を飛び出しカプセルホテル暮らしに。こんなこと言ってますが、そもそも自分の身勝手で宿なしになったわけで、呆れてしまいますね。

 じゃあ、帰る家がなくなって美都は反省したのかいうと、そうではないのがこのドラマ。駆け込んだカプセルホテルでは、光軌にメッセージを送りまくり、涼太の頼みを受けて会いに来た、親友の香子(大政絢)の前で涙を流すものの、その涙は後悔ではなく光軌への思いを否定された悔しさからでした。

「私、悪い大人になっちゃった」と美都は、香子に胸の内を告白しますが、香子はことあるごとに忠告してきたんですがね。

 互いに危険を感じながらも、抜け出せない美都と光軌。ここまで至っても美都は、光軌に夢中。別れ話を切り出そうとした光軌の言葉を遮り「2人で逃げよう」と言うのでした。

 というのが今回のお話。第2話以降、2ケタに到達できなかった同ドラマですが、今回は11%。共感できないという意見がある一方で、この泥沼の行き着く先が気になり、ついつい見てしまうというところでしょうか。

 麗華と涼太が常軌を逸した監視能力の持ち主なので、台詞にいちいちハラハラしてしまうのですが、今回はそれを緩和するようなシーンもあったのかなと思います。

 自宅で麗華とカニを食べているシーンで、麗華からの答えられない質問に詰まった光軌が、自宅に帰るとリビングがおびただしい数のカニで埋め尽くされる夢を見るシーンとか、2シーン続けて食べ物を食べているだけの山崎育三郎、美都とカフェで会うシーンで、注文を取りに来た店員の言葉に被せる感じで「バカじゃないの!」と怒鳴り散らす香子など、これらは不倫する、される人間同士の“怖さ”を扱った同ドラマの中で、意図はそうではないにしてもちょっと笑えるシーンとなっているといえるのではないでしょうか。

 『あなたのことはそれほど』、原作はいくえみ綾の同名漫画。もともとドラマのために作られたものではないので、当たり前なのですが登場人物が4人を中心に配置されているし、両夫婦の関係性やキャラクターも相対的になっていてわかりやすい。舞台も職場、自宅、公園、と限定的になっていることが、ドラマを進行する上で効果的で、骨太な会話劇を見ているようです。

 さて、次回予告では麗華が動き出す模様。一方で、光軌と逃げることにした美都はどこへ向かうのでしょうか。
(文=どらまっ子HAYAちゃん)

関連記事(外部サイト)