安倍自民への忖度!? “無理筋”なのに民進党を訴えた高須院長の狙いは……

高須克弥院長が民進党の大西健介議員と蓮舫代表らを提訴 狙いは安倍晋三首相の援護か

記事まとめ

  • 高須克弥院長が民進党の大西健介議員に高須クリニックの名誉を傷つけられたと主張する
  • 高須院長は大西議員と蓮舫代表らに総額1000万円の損害賠償などを求める訴えを起こした
  • 訴訟の狙いは話題づくりであると同時に、安倍晋三首相への援護と推測されている

安倍自民への忖度!? “無理筋”なのに民進党を訴えた高須院長の狙いは……

安倍自民への忖度!? “無理筋”なのに民進党を訴えた高須院長の狙いは……

高須克弥院長公式Twitterより

 CMでおなじみ、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長が19日、民進党の大西健介議員の発言で同クリニックの名誉を傷つけられたとして、大西議員と民進党、蓮舫代表らに総額1,000万円の損害賠償などを求める訴えを、東京地裁に起こした。

 訴状などによると、大西議員は17日の衆院厚生労働委員会の質問で、美容外科の広告規制に触れて「皆さん、よくご存じのように『イエス、○○(まるまる)』とクリニック名を連呼するだけのCMなど、非常に陳腐なものが多い」と発言。これに激怒した高須氏は、日本テレビ系『情報ライブ ミヤネ屋』の中で「『陳腐』と言われると『バーカ』とやられている気がする」などと、提訴理由を説明。「最高裁まで徹底的にやる」と一歩も引かない構えで「絶対勝ちます。イエス! 高須クリニック」と宣戦布告した。

 訴状は「『イエス』といえば『高須クリニック』であり、規制に則ってクリニック名と連絡先だけを広告しているのに、陳腐だと中傷された」としている。

 芸能界からも“高須支持の輪”が広がっている。22日放送のTOKYO MX『バラいろダンディ』に出演したカルーセル麻紀は「高須先生はすごいいい人だし、誠実な人。悪徳じゃないから、彼は!」と擁護。武井壮も同番組内で「陳腐だという言葉を使って揶揄している。もしとんでもない営業利益の損失が出たら責任を取れるのか。すごく迷惑だと思う」と支持した。

 だが、はっきり言って今回の訴訟の勝ち目は、ないに等しい。憲法第51条で「両議院の議員は、議院で行った演説、討論又は表決について、院外で責任を問われない」と定めているからだ。

 過去には、ある国会議員がある病院院長について「5名の女性患者にハレンチな行為をした。同院長は薬物を常用するなど通常の精神状態ではないのではないか」と発言。翌日に同院長は自殺し、院長の妻が当該議員と国に対して賠償請求を行ったが、議員への賠償責任は認められなかった。

 優秀な顧問弁護士をつけている高須氏が、そのことを知らないはずがない。それでも訴訟を強行するのだから、狙いは別にあると考えるのが妥当。

 1つは「高須氏の大好きな話題づくり」。そしてもう1つが「安倍自民への忖度」だ。政治担当記者は次のように推測する。

「高須さんは安倍晋三首相のサポーターですからね。国会では加計学園問題が議論されており、民進党を含む野党の追及に官邸は防戦一方。野党の攻勢ムードに水を差すのが狙いなんじゃないか」

 高須氏がどんな腹づもりかはわからないが、茶番のニオイがプンプンすることだけは確かだ。

関連記事(外部サイト)