俺たちの『くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン』が帰って来た! 放送前にチェックしておきたい“神回”

俺たちの『くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン』が帰って来た! 放送前にチェックしておきたい“神回”

ニッポン放送『くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン』番組サイトより

 私、名もなき若手芸人、カカロニ菅谷が好きなラジオについて書かせていただくこの「ラジオ神回列伝」。今回は、ついに僕の一番好きな番組『くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)について書かせていただきます。

『くりぃむしちゅーのANN』は、2005年7月から08年12月にかけてニッポン放送で放送されていた、カルト的人気を誇るラジオ界の伝説的番組です。

 その人気は番組終了後もとどまることを知らず、いまだに一番好きなラジオ番組に同番組を挙げるファンが多く、当時リアルタイムでリスナーでなかった人でさえ、評判を耳にしてネット上でラジオ音源を探して第1回から聴くほどの人気ぶり。まさに、カリスマ的番組だったのです。

 そんな番組が、昨年6月に約7年ぶりに復活し、同じく昨年12月には再度特番として生放送。多くのリスナーに7年前にタイムスリップしたかのような感動と笑いを与えてくれました。

 そして、5月29日深夜25時から3度目の復活が決まり、今回はこの放送をより楽しむために、知っておくべき同番組の過去の神回を網羅していきます。

 まずおすすめしたいのは、06年5月30日放送の「上田の記憶力チェック」の回、その翌週の6月6日放送の「済々黌高校(せいせいこうこうこう)ラグビー部祭り」の回。リスナーには言わずと知れた大人気回です。

 同番組の魅力といえば、2人と同じ部活の友達になったかのような感覚になれるトークでしょう。コンビ仲のよさはもちろん、身内ネタの多さが部室のような雰囲気を作るのですが、この回を聴いておけば、かなり多くのネタをカバーできるはずです。

 有田さんが上田さんの記憶力をチェックするという名目で、高校時代の友人や先生に関するクイズを出し、上田さんがそれに答え、そこから話が広がっていく「上田の記憶力チェック」の回。高校時代のエピソードは圧倒的なトーク技術も相まって、どれもバカバカしくて、楽しそうで、聴いているだけで2人と思い出を共有しているような錯覚を起こしてしまう、そんな放送です。

 あまりの反響に、翌6月6日の放送はSPウィークであったにもかかわらず、放送予定を変更し、2人が通っていた熊本の済々黌高校での思い出話を「済々黌高校ラグビー部祭り」と題し放送時間丸々話したほど。こちらの回にグッときた人は、高校卒業後、下積み時代から若手時代のエピソードがたくさん語られる、06年7月4日の放送も聴いてみてください。

 そして次の神回は迷いに迷いましたが、08年11月4日放送の「心に一杯のミルクティーを」の回をご紹介。

 この神回は、あまりの身内ネタの多い放送を憂えた有田さんが、もっとリスナーと向き合った放送をしたいと言い出したことに端を発します。

 というのも、とある13歳の女の子のリスナーから真面目な相談が届いたのです。もっとこういう質問に答える「心に一杯のミルクティーを くりぃむしちゅーCAF?」的な放送にしたいという有田さん。対する上田さんは、いまいち腑に落ちていない様子。するとリスナーから次々質問や悩み相談が届きます。しかし、その内容は「上田さんはイチゴが好きですか?」と、全く意に介さないもの。

 吹き出してしまう上田さんに有田さんは、真剣に向き合ってくださいと注意します。渋々真面目に質問に答える上田さんですが、質問は次第に中身のないものに。採用されるリスナーのラジオネームも「おなろー」「チンカスばぁちゃん」果ては「あの子としてからチンコが痒い」と下品なものが並びます。それでも有田さんはあくまでリスナーの味方につき、悩み相談を続けます。

 最終的に上田さんが振り回されてしまう、いつもの流れに。2時間の放送で、メールを採用するスタッフ陣、リスナー、そしてくりぃむしちゅーの2人が一体となって生放送とは思えないくらい、すべてが面白く転がった、まるで作品のような神回でした。

 そんな数々の神回を生み出したくりぃむしちゅー。5月29日の生放送では重大発表があるそうなので、放送当時のリスナーも後追いのリスナーも、そうでない方もお聴き逃しなく!
(文=菅谷直宏[カカロニ])

関連記事(外部サイト)