怖いもの見たさで視聴率上昇! TBS系『あなたのことはそれほど』の“不穏な動き”

怖いもの見たさで視聴率上昇! TBS系『あなたのことはそれほど』の“不穏な動き”

TBS系『あなたのことはそれほど』番組サイトより

 TBS系連続ドラマ『あなたのことはそれほど』。30日に放送された第7話の視聴率は、12.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と2週連続での自己最高更新となりました。「不倫」というテーマがいまだに世間の耳目を集めているということでしょうか。

 波瑠演じる主人公・美都のクズっぷりが話題の同ドラマですが、最近は「クズすぎて逆に清々しい」との声もみられます。そんなクズ街道を爆走する7話をレビューしていきましょう。

 前回、夫・渡辺涼太(東出昌大)との愛の巣を飛び出し宿無しになった美都。さらに居候させてもらっていた親友の香子(大政絢)の家からも断りもなく飛び出し、向かうはやはり“初恋の人”有島光軌(鈴木伸之)の元でした。

 お互いの伴侶にほぼバレていると感じた2人は、関係を清算するために話し合いを設けることに。「友だちに戻ろう」と光軌は提案しますが、美都はこれを拒否。なぜか話し合いの場はラブホテルで、そのままバチコンと一試合。

 職場を休み、母親の悦子(麻生祐未)が切り盛りするスナックを手伝うことになりますが、次のカットでは、早速涼太に連れ戻されてしまいます。

 家に戻った美都は、ついに涼太に離婚届を渡します。しかし、涼太は名字の欄にわざとひらがなで「わたなべ」と書いて、離婚届を破棄。ぎこちない渡辺夫妻は、引き続きぎこちないままが続く模様。普通なら、散々不倫を繰り返した美都が突きつけられるものなんですけど、そうしない点に涼太の狂気じみたものを感じます。

 対する光軌と麗華(仲里依紗)の有島夫妻はどうでしょうか。勘がよすぎる麗華が、真綿で首を絞めるように光軌を追い詰めていくさまが描かれました。前回の終わりで、里帰りから数日早く東京に帰って来た光軌。遅れて麗華も帰ってきますが、乱れのないベッドを見て、光軌が朝帰りだということを見抜き、光軌が不倫していることを知った上で、自分の半生や子どもに対する思い、光軌への感謝をつらつらと語り不倫を白状させようとします。

「私が知っているのは、渡辺という女が訪ねてきたこと、日をおいて私の前に2度現れた男が渡辺だったということ、あなたが私に聞かれて困ることがあるときは、ちょっとフリーズする。それだけよ」と、麗華は真顔で言います。まるで王手をかけるようなせりふ。光軌は、心ここにあらずといった感じで、フリーズしっぱなし。全部見抜かれていること、そして、全部知った上で“何も知らない妻”を麗華が演じていることが読み取れて、光軌は足がすくむ思いだったはず。

 というのが今回の話。ここまでを振り返っても、すでに泥沼でしたがさらなるドロドロが待っている予感がします。それは、今回やたらと登場したサブキャラクターたちが、不穏な動きを見せ始めていたからです。

 有島夫妻の住むマンションの隣人、横山皆美(中川翔子)は、ドラマ前半で美都と光軌が2人で会っているところを何度も目撃しているし、涼太の同僚、小田原真悟(山崎育三郎)もわざわざ美都の職場までやってきて、食事に誘っています。
 
 小田原は、美都に「渡辺(涼太)と別れた方がいい」と言い、連絡先を渡したり、前回では美都も涼太も知らないところで、悦子に会っていて、なんだかすごく嫌な予感がする。

 横山は、麗華と会話するシーンが今回何度も登場。隣人として挨拶を交わしたときから、夫の愚痴や子育ての苦労などをキャピキャピと話す横山ですが、手作りだと麗華に差し入れたクッキーが実は買ってきたものだと判明するなど、こちらもとても怪しい。横山からは、“理想的な夫婦”に見える有島夫妻に対するゆがんだ執着心を感じます。

 過去のレビューで、同ドラマはゲス不倫劇ではなく、普通じゃない人と結婚してしまった人の不幸なお話なのかもと言いましたが、普通じゃないのは、実は光軌と美都以外の全員なのかも。

「昼顔より怖い」の看板に偽りなしで、すっかり火曜の夜が怖いものになってしまいましたが、「怖いもの見たさ」を着実に取り込みつつ、ここにきて視聴率上昇をキープ。このまま最終回まで自己最高を更新し続けるのか、こちらも注目です。
(文=どらまっ子HAYAちゃん)

関連記事(外部サイト)