覚せい剤で逮捕の俳優・橋爪遼、入手ルートは「ハッテン場で出会ったタレントA」?

橋爪功の息子・橋爪遼容疑者を覚せい剤で逮捕 薬物入手先にタレントの名が浮上

記事まとめ

  • 橋爪功の息子で、覚せい剤所持で逮捕された橋爪遼容疑者の入手先にタレントの名が浮上
  • タレントは、橋爪容疑者も利用した「ゲイのハッテン場」に出入りし薬物売買仲介説も
  • 橋爪容疑者は2012年ハッテン場で職務質問を受けているが、このタレントとの関係は不明

覚せい剤で逮捕の俳優・橋爪遼、入手ルートは「ハッテン場で出会ったタレントA」?

覚せい剤で逮捕の俳優・橋爪遼、入手ルートは「ハッテン場で出会ったタレントA」?

イメージ画像(Thinkstockより)

 人気俳優、橋爪功の息子で、覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕された俳優の橋爪遼容疑者が、使用も認める供述をしている中で、警視庁築地署の捜査班は覚せい剤の入手ルートについても調べている。

 現時点では入手先はわかっていないが、芸能界では別のタレントAの名前が飛び交っている。

 Aは、橋爪容疑者が利用していたとウワサの「ゲイのハッテン場」によく出入りしていたといわれ、薬物売買の仲介説も持ち上がっていたからだ。

 ハッテン場とはゲイ同士の性行為を含む出会いの場のことで、特定のサウナや映画館、バーなどが有名だが、その道に詳しい元雑誌編集者によると「遼さんとAが都内の同じハッテン場を利用していることは、間違いなかったと思う」と話す。

「そのハッテン場でAと知り合った芸能人の中には、Aが経営する会員制バーにも立ち寄る人がいて、部外者は一切入れないから、クスリの売人が来ているとか怪しいウワサが多かった。遼さんがAと親しくなってバーにも出入りしていたのなら、覚せい剤はそこで買っていたの かもしれない。ハッテン場で知り合うというのは、互いの秘密を共有し合うことで、危ないことを一緒にやってしまう人もいるからね。最近、遼さんのほうは忙しくなってハッテン場で見かけることは少なかったけど、Aは俳優業よりバー経営のほうが忙しくなっていたようで、営業も兼ねて 月に4〜5回は来ていた。クスリを買いそうな相手を物色していたのかも」(同)

 橋爪容疑者は2012年、ハッテン場にいたところを職務質問されたと、週刊誌に報じられている。記事によると、警視庁がハッテン場の界隈で薬物事件が多発したことで、店の関係者や常連客を対象に捜査を行った。その際、橋爪容疑者は泥酔したような状態で連行されたというが、尿検査では薬物は検出されなかった。

 橋爪容疑者は今回も別件の捜査で取り調べを受けたわけだが、結果はクロだった。6月2日の夜、薬物事件で別の40代男性を逮捕するために埼玉県内の自宅に踏み込んだところ、同容疑者が室内にいて、覚せい剤所持の現行犯逮捕となった。調べに対し、容疑を認め、使用についても供述を始めているようだ。

 薬物売買の仲介人とウワサされるタレントAだが、現時点では橋爪容疑者との関係がハッキリしているわけではない。事件後、経営しているといわれるバーに行ってみたが人の気配はなく、会員制のためか看板もなく、営業しているのかどうかもわからない感じだ。かつてはバラエティ番組などにも出たことはあったが、近年は表舞台では見かけず、事務所に所属している様子すらない。どうやって生計を成り立たせているのかも疑わしいのだが、橋爪容疑者の口から、その名前が出てくることはあるのだろうか?
(文=片岡亮/NEWSIDER Tokyo)

関連記事(外部サイト)