かたくなに素顔を隠すりゅうちぇる、子役時代から計算高い加藤諒……最新“ビジネス”おネエ事情

『ボクらの時代』に、りゅうちぇる、ぺえ、加藤諒が出演 最新“ビジネス”おネエ事情

記事まとめ

  • フジテレビ系『ボクらの時代』に、りゅうちぇる、ぺえ、加藤諒の3人が出演した
  • 加藤諒は共演していた男の子・三浦海への告白は本音ではなかったとカミングアウト
  • りゅうちぇるはオンとオフを指摘された途端、不穏になり痛いところを突かせない

かたくなに素顔を隠すりゅうちぇる、子役時代から計算高い加藤諒……最新“ビジネス”おネエ事情

かたくなに素顔を隠すりゅうちぇる、子役時代から計算高い加藤諒……最新“ビジネス”おネエ事情

スターレイプロダクション公式サイトより

 6月4日放送『ボクらの時代』(フジテレビ系)に、りゅうちぇる×ぺえ×加藤諒の3人が出演した。

「乙女男子のガールズトーク」と題されたこの日の座組。だが、よく考えると、一貫しているようで実はしていない。加藤は「女の子が好き」と公言しているし、りゅうちぇるに至っては昨年末にぺこと結婚している。真の“おネエ”は、ぺえのみなのだ。


■加藤諒、男の子への告白は“本音”ではなかったとカミングアウト

 ということは、りゅうちぇると加藤がテレビで見せるおネエ的な振る舞いはキャラでしかないのか? その辺りの種明かしに躊躇しないのは、加藤だ。

 とにかく彼、プライベートを隠そうとしない。りゅうちぇるとぺえから女性との交際歴を問われるや「女性と付き合ったことがないの! でも、チュウはある。でも僕、ベロチュウがダメなの。唾液とか、他人の液体系がダメなの……」と、余計なパーソナリ自ら率先して公開する始末。ちなみに加藤、今年2月にバラエティ番組の企画でモデル・前田希美に告白し、見事にOKの返事をゲットしている。それらを含め、プライバシーの切り売りには迷いがないタイプだ。

 加藤によるぶっちゃけトークは、“キャラクター”を売りにする芸能人にとっての生命線にまで及んだ。子役時代、『あっぱれさんま大先生』(フジテレビ系)に出演していた加藤は、同じく子役として共演していた男の子・三浦海に「好きになっちゃった」と打ち明けたことがある。それからは加藤が三浦にアピールし続けるという関係性が、当時の同番組では好評を博していた。

 しかし、何度も言うが、加藤が好きなのは女性だ。彼は、子役時代を振り返りながら「周りが盛り上がるかな? という感じで。空気読んでた」と、三浦への告白には芸能人ならではの計算が働いていたことをカミングアウトしたのだ。


■りゅうちぇるの“オン”と“オフ”を指摘した途端、不穏に
 
 一方、キャラの裏に潜む“素”の露呈を嫌がるタイプなのは、りゅうちぇる。「メイクポーチが大きかったので、中学の遠足では一人だけキャリーバッグで行っていた」「ぺことは、2段ベッドの1段目でファーストキスをした」とパブリックイメージに即した逸話を次々と披露していく。

 しかし、プライベートでも親交があるぺえから「すごい、やりにくい。普段のりゅうちぇるは……」と“オン”と“オフ”を指摘された途端、事態は急変。一瞬であからさまに顔色を変え、なんの脈略もなく「諒くん、親孝行はできてるの?」と、話題を無理やり変えようと試みたのだ。

 この妙なくだりのせいで、不穏な空気が流れ始める。さすがに「話が飛ぶんだけど(笑)!」とぺえは指摘するも、「その話は使えないもん!」と、りゅうちぇるは頑として痛いところを突かせない。この時の彼は、完全に真顔だ。

 そんな修羅場を乗り越えて迎えた番組のエンディングで、りゅうちぇるは「すごい楽しかったよね。3年後にも、同じ番組(『ボクらの時代』)で!」と2人に呼びかけた。確かに、彼の3年後のスタンスは気になる。現在のキャラクターを貫き通しているのか? それとも、肩の力を抜いて“素”の自分を柔軟に見せられるタレントとなっているのか? “おネエ”として活躍しようにも、現代の芸能界は椅子取りゲームとして過酷すぎるが……。

関連記事(外部サイト)