日テレ『ボク運』の“ご都合主義”設定に視聴者興ざめ!? 亀梨和也と木村文乃の初Hシーンが……

 KAT-TUN・亀梨和也と山下智久の掛け合いが愉快なラブコメディ『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)。10日放送の第9話の平均視聴率は、前回から1ポイント上昇の9.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。

 そういえば、11日のNEWSの東京ドーム公演で、NEWS・手越祐也が「この数週間、珍しくドン底まで落ちました」とファンの前で号泣したそうですが、3年前に一般人のスマホを破壊した疑いで書類送検された山Pが神役でここまで賞賛されているのですから、「芸能界もジャニーズも甘いから、大丈夫♪」とエールを送ってあげたいです。

 さて、今週もあらすじを振り返りましょう。

■亀梨和也と木村文乃のベッドシーンが……

 温泉旅行に行くことになった誠(亀梨)と晴子(木村文乃)。奥手の晴子が心配な三恵(菜々緒)は、「まな板の上でただ料理されるのを待ってるのは20代まで。30代では、まな板の上に自分でよじ乗って、料理の手助けしなきゃダメなんだからね」と、誠とのスムーズな初Hのためにアドバイス。

 一方、神(山下)は突然、「あなたの息子です!」と誠に素性を明かし、神ではなく、“一郎”という名前の科学者であることが発覚。一郎いわく、30年後に地球に衝突する隕石を軌道上から逸らす発明をするも、あと一歩間に合わず。一郎の前に現れた神様から、「どうしても地球を救え」と命令され、30年前にタイムスリップさせられたんだそうです。

 また、誠と晴子は一郎がいなくても結婚していたとか。しかし、早く生まれて研究を早めるために、これまで急かしていたんだそうです。

 神様が運命を変えられないのは理解できますが、普通に考えて、受精のタイミングが変わったら一郎以外の人間が生まれそうな気も……。ただ、そんなことはこのドラマにおいては言うだけ野暮ということでしょう。ざっくりと受け止めて、先に進みます。

 そんな一郎から、誠に「温泉行ったら、お湯抜いてください。そこにメッセージが書かれてるから」と最後の指令が。ちなみに、一郎が出してきた指令は、一郎自身の言葉ではなく、全て神様から言われた通りに指示しているだけなんだそうです。

 そして、ついに温泉旅行の当日。温泉の営業が終わる深夜を狙ってお湯を抜いた誠ですが、底にメッセージはなし。部屋へ戻って晴子とカップ焼きそばを食べていると、カップの底に……

女「ずっと私のソバにいてね」
男「ソースね」

との「ソース焼きそば完食劇場」が。これに後押しされ、晴子の布団に潜り込む誠。ちなみに、ここでのラブシーンはキスまででした。そらそうか。

 翌日、誠が温泉旅行から帰宅すると、一郎は「永久あばよ」と別れを告げ、姿を消してしまいます。誠はこれまでを回想し、号泣。しかし、翌日には一郎に関する記憶が全て消されており、何事もなかったかのように日常に戻っていきます。

■ご都合主義に興ざめ!?

 神の正体が誠の息子・一郎だったことがわかった第9話ですが、ネット上でも当初から息子説が有力視されていたため、驚いている視聴者はさほど見られません。

 それより、「こんないいドラマが終わっちゃうなんて、信じたくない」「亀梨くんと山Pのやり取りが見られなくなっちゃうなんて、最終回がきてほしくない」という意見と、「誠と晴子が付き合いだしてからのストーリー、ダレすぎ」「ご都合主義の設定に興ざめ」「詰めが甘くて、雑」という声があり、ここにきて視聴者の印象が真っ二つに。

 次回迎える最終回の展開次第では、「設定は面白いけど、収集の仕方がヘタクソ」「尻すぼみだった」という印象になりかねない雰囲気だけに、今からハラハラ。後味のいいドラマになることを願うばかりです。
(文=どらまっ子TAMOちゃん)

関連記事(外部サイト)