「17歳少女との飲酒&淫行」小出恵介への“擁護”に、専門家から反論「どうあれ、未成年は守るべき存在」

「17歳少女との飲酒&淫行」小出恵介への“擁護”に、専門家から反論「どうあれ、未成年は守るべき存在」

小出恵介

 俳優の小出恵介が、17歳の未成年少女と飲酒および肉体関係を持ったと写真誌「フライデー」(講談社)に報じられたことで、所蔵事務所から「無期限活動停止処分」が発表された。

 しかし、女性ファンも多い小出に対しては擁護論も噴出しており、ネット上では「警察ではなく、週刊誌に小出のゴシップを売ったのはおかしい」という声もある。

 しかし、警察より週刊誌に告発したのは「賢いやり方」だと話す人もいる。こうしたケースで、女性側からの告発を何度も記事にしているベテラン記者が、その理由を明かす。

「有名人相手の男女トラブルを唐突に警察へ持っていっても『自分たちで民事的に解決しろ』と言われることが多いんです。密室でレイプされた・されてない、淫行があった・なかった、という証明の難しい泥仕合になったときに、警察はあまり積極的に捜査に乗り出さない傾向があります。特に相手が有名人であればこうしたケースに強い弁護士が出てくる可能性もあり、捜査しにくい。さらに未成年がらみの事件だと、被害者少女に慎重な配慮が求められるから、これまたやりにくいわけです。そういうとき、まずメディアで告発があると、世間の関心と厳しい視線を集めることができます。少女がマスコミにネタを売ったという人もいますけど、週刊誌側は基本、刑事事件になりそうな話に情報料なんて出さないですし、今回は別の19歳女性との関係を追っていたら出てきた話だと聞きますよ」

 ただ、ファンの小出擁護論は、これにとどまらない。「女子高生が自分で酒を飲まなきゃいいし、ホテルについていかなければいい」などと女子高生への自己責任論が出ており、セカンドレイプ的な状況にも見えるほどだ。こうした考え方については、青少年育成のサポートチームの運営者が「社会がみんなで守るべき未成年の少女を責める理屈なんて、ひとつもない」と反論する。

「未成年は判断力が低いから、社会で守られているんです。契約などをするときも未成年者は親の同意が必要なのは、判断力が低いことが法的に認められているからです。今回の事例については、記事を読んだ範囲でしか知りませんが、33歳の立派な大人である小出さんが、17歳の少女の未熟さにつけ込んだともいえます」(同)

 小出は5月、ドラマの撮影で訪れていた大阪で、知人たちとバーで飲んでいた際、その知人が呼んだ17歳の女子高生に「2人で飲みに行こう」と誘い、橋の上でキスするなどした後、タクシーで帰宅しようとした相手の車に乗り込み、宿泊先のホテルへ連れ込んで6時間以上にわたって避妊のない強引な肉体関係を持ったとされる。行為の最中、「若かったら誰でもいい」などとも言い、帰りはタクシー代も渡さなかったという。

「これが成熟したまともな大人の女性だったら、こんな軽々しい扱いに怒りを持つはず。行為の途中、叫んだり引っぱたいているかもしれないでしょう。会ったその日にキスもさせないし、タクシーに乗り込ませもしなかったはず。少女が軽率だったと言う人がいますが、未成年だから軽率なんです。相手が有名な芸能人だったら、なおさら判断力は鈍ります。両者は対等ではないんです。未成年に対する淫行の処罰を、もっと重くしてもらいたいぐらいですよ」(前出サポートチーム運営者)

 この運営者は、若い女性が大人の男性と抱えたトラブルをたくさん見ているだけに、憤りも強い。過去に見てきた事例では、女子高生が人気ラッパーに憧れて出演イベントに通う中で、そのラッパーに飲み会に誘われ、行った先で初めて酒を飲まされた挙げ句、妊娠させられてしまったケースがあったという。

「その子は、当初は憧れのラッパーと関係できたことを『誰にも迷惑かけてない』と言って正当化していたんですが、大人になってからは『本当に後悔している。バカだった』と言うようになりました。大人がその判断を手助けするのは、当たり前ですよ」(同)

 小出本人が「弁解の余地はございません」とし、所属事務所も謝罪している通り、小出側に過失があった事実は否めない。たとえ17歳の少女がすり寄ってきても「帰りなよ」と言える大人であったほうがかっこいいのは確かだ。
(文=片岡亮/NEWSIDER Tokyo)

関連記事(外部サイト)