新海誠監督不倫騒動の一方で、『秒速5センチメートル』ヒロイン役に復帰熱望の声「夫の逮捕で……」

新海誠監督不倫騒動の一方で、『秒速5センチメートル』ヒロイン役に復帰熱望の声「夫の逮捕で……」

『秒速5センチメートル』(コミックス・ウェーブ・フィルム)

 大ヒットアニメ映画『君の名は。』で知られる新海誠監督に、不倫騒動が持ち上がった。

 13日、一部スポーツ紙で女性編集者との不倫を報じられたが、新海監督は同日、自身のTwitterで「交際の事実は一切ありません」と報道を否定しつつ、「誤解を招いてしまう行動でした」「失礼いたしました」と謝罪している。

 一方、その新海監督の出世作である『秒速5センチメートル』(2007)でヒロインの篠原明里を演じた声優でモデルの近藤好美に、復帰を望む声が高まっているという。

 ただ、再注目されたきっかけは残念ながら、夫とみられる人物の逮捕だった。4月下旬の深夜、大手広告代理店「電通」社員の高橋知也容疑者は、都内の路上で20代女性に「彼氏いるの?」などと声をかけ、戸惑う相手の手首をつかみ、ビルの陰に連れ込んで、キスをしたり胸や下半身を触るなどした疑いで6月6日、警視庁に逮捕された。

 高橋容疑者は「連絡先を教えないと帰さない」と女性に連絡先を交換させ、LINEで「ごめんね」などのメッセージを送っていたことから、容疑者と特定されたというが、調べに対し、「身に覚えがありません」と否認しているという。

 犯行が事実であればあまりに大胆だが、その真偽はともかくネット上では高橋容疑者と思われる男性のSNSなどが特定され、昨年11月に結婚していたことも明かされた。

 そして、その相手女性ではないかといわれているのが近藤だった。男性が投稿した写真などから名前が「YOSHIMI」であることがわかり、写っている女性の外見も確かによく似ている。さらにいと、近藤自身も同じく昨年11月に結婚を報告していた。

 近藤は02年にモデルでデビューした後、『秒速5センチ〜』で人気が急上昇。「奇跡の声」とも呼ばれる、かすかに震えるような美声がアニメファンから絶大な支持を受けていたが、11年に引退し、インテリアや食品関係の仕事に就くなどしていた。

 ただ、その後も学生イベントでモデルを務めたり、新海監督のトークショーにゲスト出演したりしており、オフィシャルブログも続行。逮捕報道の直後にブログは削除されてしまったが、あるアニメ関係者によると「実は彼女の再起を願う声が高まったのは、逮捕報道の前」だという。

「昨年8月、『秒速5センチ〜』がテレビ東京で放送されて、再評価の声が高まったんですよ。それでオファーをした人もいたんですが、当人は結婚を控えていて、交渉のテーブルにも着けなかったとか。才能がある人なので、もったいない。いまだに根強いファンがいますし」(同)

 近藤は結婚相手については明かしておらず、ネット上で騒がれる高橋容疑者と本当に夫婦であるのかはハッキリしていない。ただ、それに関係なく、近藤には声優復帰への待望論があるわけだ。別のアニメ制作従事者も、こう話す。

「こういう騒ぎで変に注目されて落ち込んでいるかもしれませんが、近藤ファンが減るわけではないですし、私も戻ってきてほしいですね。彼女と仕事をした人はみんな『穏やかで品があって、とても素敵な人だ』と言っていますから」

 注目のきっかけはなんにせよ、彼女を応援する声は多い。あの美声がまた聴けることを期待したい。
(文=片岡亮/NEWSIDER Tokyo)

関連記事(外部サイト)