引く手あまたなのに「バラエティには出たくない!」 “あっぱれ出身”加藤諒の苦悩

引く手あまたなのに「バラエティには出たくない!」 “あっぱれ出身”加藤諒の苦悩

株式会社キューブ公式サイトより

「本人は『俳優で勝負したい。もうバラエティには出たくない!』と、事務所に直訴しているようです。ただ、バラエティのオファーが相当来ているので、事務所としては必死で本人を説得しているようです。もう顔は十分売れているので仕事を選びたい気持ちもわかるのですが、断ると『偉くなったな!』と言われるのもこの世界なので……。事務所も困ってますよ」(芸能事務所関係者)

 いまやドラマ、舞台だけでなく、バラエティでも芸人顔負けの笑いを取っている加藤諒。もともと、『あっぱれさんま大先生』(フジテレビ系)の出身ということもあって、バラエティの素養は備えられていた。

「それに、あの顔と眉毛でしょう? かなり個性が強いのと、多摩美術大出身というギャップもあって、バラエティからは引く手あまたですよ。声にも特徴があるので、『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)に声だけで出演するなど、とにかく芸の幅は広いですね」(バラエティスタッフ)

 その芸の広さゆえ、悩みも多いのかもしれない。

「俳優としての彼の競合相手は浜野謙太さんや前野朋哉さん、芸人の澤部佑さんあたりが該当します。みなさん、顔を含めてその強烈な個性が武器なので、バラエティばかりに出てると彼らに仕事を取られるかもしれない、という焦りがあるんでしょうね」(ドラマスタッフ)

 そんな加藤は、同じ事務所に所属する、ある俳優を将来の目標にしているという。

「それが古田新太さんです。古田さんは個性的な顔ですが、ドラマに映画、舞台と演技派俳優として幅広く活躍されてます。事務所もそのあたりを理解してるので、徐々にバラエティの仕事を減らしながら俳優業へシフトさせていくつもりのようです。まあ、今はCMもたくさんやって稼いでくれてますからね」(テレビ局関係者)

 あれだけの個性、俳優だけにしておくのは、もったいない気もするが……。

関連記事(外部サイト)