息子のシャブ逮捕で、父・橋爪功に責任はないのか? ささやかれる“裏の顔”とは

【橋爪遼が覚せい剤で逮捕】“いい人”と思われがちな父・橋爪功に『裏の顔』指摘も

記事まとめ

  • 橋爪遼が覚せい剤(所持)容疑で逮捕され、父・橋爪功の“落とし前”が議論されている
  • ビートたけしや小倉智昭は、親父に責任はないなどと、橋爪功を擁護する発言をしている
  • 功には実際は“裏の顔”があり、とにかく“上から目線”で偉そうとの声もあるという

息子のシャブ逮捕で、父・橋爪功に責任はないのか? ささやかれる“裏の顔”とは

息子のシャブ逮捕で、父・橋爪功に責任はないのか? ささやかれる“裏の顔”とは

円企画公式サイトより

 本当に親に責任はないのか――。息子の橋爪遼容疑者が覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕されたことで、父・橋爪功の“落とし前”が議論になっている。

 一時は息子の不祥事を受け、休業をほのめかしたが、アッサリ翻意。記者会見は行わず、書面での謝罪のみだった。確かに実の息子とはいえ、年齢は30歳。「父親とは別人格」という定義も当てはまろう。

 ビートたけしは、『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS系)の中で「もう30なんだから親父に責任はない。悪いのはせがれなんだから」と、功をフォロー。キャスターの小倉智昭も、『とくダネ!』(フジテレビ系)で「30歳にもなって覚せい剤で捕まった息子のために、父親が自粛するなんてことはあっちゃいけないと思う」と述べた。

 だが、橋爪親子は東京・世田谷区の自宅で同居中。功が息子の異変にまったく気づかなかったかといえば、答えは「NO」だ。

 2012年、「週刊文春」(文藝春秋)は匿名ながら、遼容疑者が新宿の「ハッテン場」に出入りし、そこで薬物使用が疑われる行動を取っていたと報じている。警察の任意の尿検査は「シロ」だったようだが、その後、文春記者が功を直撃。功は「そういうのは知りたくないんですよ」と、ケムに巻いたという。

「少なくとも、12年に文春記者から息子さんの薬物疑惑を聞いていたことは間違いない。今回の事件後、功さんはインターフォン越しに『何がなんだかサッパリわからない』と答えていたが、思い当たるフシはあったと思いますよ。要は、見て見ぬフリをしてきたんです。これで『父親に責任はない』という論調はどうかと思いますね」(週刊誌記者)

 功は俳優としてのキャリアも長く、温厚な役柄を演じることが多いため、世間では“いい人”と思われがちだが、実際は“裏の顔”を併せ持つという。

 過去に功を取材したライターによると「とにかく“上から目線”で偉そう。取材中も毛だるそうにしていて『早く終わらせて』と言ってくる。“自分は大物なんだ”という空気を自分から出す人で、しかも気難しい。息子の逮捕に『因果応報だ』と喜ぶ人は意外と多いはず」という。

 テレビのイメージと違うのは、むしろ父親のほうかもしれない――。

関連記事(外部サイト)