『SRサイタマノラッパー〜マイクの細道〜』第10話 レペゼンかませ犬、これが周回遅れからの集大成!

『SRサイタマノラッパー〜マイクの細道〜』第10話 レペゼンかませ犬、これが周回遅れからの集大成!

テレビ東京系『SRサイタマノラッパー〜マイクの細道〜』番組サイトより

 青春の残像を追い求めて東北路を旅した「SHO-GUNG」たちも、ついに旅の終着点・川崎クラブチッタに到着した。ラス前となった『SRサイタマノラッパー〜マイクの細道〜』第10話では、ライブステージが幕を開け、同時に彼らの青春のフィナーレのカウントダウンも始まる。

 前回、極悪系ヒップホップグループ「極悪鳥」の赤羽アジトからひと晩がかりでようやく脱出することに成功したMIGHTY(奥野瑛太)。群馬から大森へと向かう元女子ラッパーのアユム(山田真歩)とミッツ(安藤サクラ)の乗る車に同乗し、川崎へと向かう──。ところが車が走り始めた途端に、アジトを棄てて逃亡をはかる「極悪鳥」の大河(橘輝)と海原(板橋駿谷)を見つけ、車を停めてしまうMIGHTY。自分を拉致した上に暴行を加えた大河たちに、わざわざクラブチッタに行くことをバカ正直に伝える。「なんで、すぐ逃げずに戻ってきた?」といぶかしむ大河。

MIGHTY「もう逃げるのやめようと思って。新しい人生やり直したいんで」

 かつて草鞋を脱いでいた「極悪鳥」にMIGHTYはペコリと頭を下げ、血まみれながら爽やかな笑顔を見せる。逃げても逃げても自分が背負った業はどこまでも付いてくる。それなら、自分の背負った業にきちんと向かい合うしかない。それがMIGHTYが今回の旅で見つけた答えだった。

 MIGHTYがなかなか現われないことを心配していたIKKU(駒木根隆介)とTOM(水澤紳吾)だが、川崎クラブチッタにはどんどん人が集まり始めた。福島の「タケダ寺」からは、タケダ住職(上鈴木伯周)の代わりを務めるDJとして和夫さん(ロベルト吉野)が到着。横浜中華街に出掛けていたカブラギ(皆川猿時)とトーコ(山本舞香)はステージ衣装姿で戻ってきた。「ラップなんてできない」と拒否していたトーコもやる気まんまん。そこへ、アユムの夫(川瀬陽太)が運転する車に乗ってきたMIGHTYも合流。アユムと「SHO-GUNG」の邂逅をご都合主義と笑うなかれ。地方都市で鬱屈した青春を過ごしてきたIKKUもTOMもMIGHTYも、そしてアユムも、ラップだけが生き甲斐だった。これは心理学者のユングがいうところの集団的無意識が呼び寄せたシンクロニシティってやつだ。

 群馬を舞台にした『SRサイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム』(10)以来の再会となるアユムとIKKU、TOMだったが、のんびり旧交を温めている余裕は両者にはなかった。クラブチッタにKEN THE 390、Creepy Nutsと出演者が次々と会場入りしていく。ロビーで練習をしていたIKKUたちは挨拶代わりのフリースタイルをかませられるも、まるで相手にならない。プロの人気ラッパーと地方の素人ラッパーとの実力差をまざまざと見せつけられる。さらにライブイベントのトリを飾るライムスターも登場。「SHO-GUNG」とはオーラがまるで違う。トーコが「レベル、違ぇ〜わ」と呟き、TOMの顔が青ざめるのも仕方なかった。

 控え室でじっとしていられずに、関係者出入り口周辺をうろつくIKKU。入場客がどんどん会場に入っていく。そこへ屋台で買ってきたタコ焼きをほおばりながら、トーコが戻ってくる。

トーコ「ほんとにライブやるんだね。ずっと嘘だと思ってた。なんだかんだいって、ここまでみんな連れてきたよね。あのとき、あの変なラップを聞いてなかったら、家を出てなかったし、自分に嘘をついていたと思う。ありがとね」

 いつになく素直なトーコ。ライブ直前にタコ焼きを食う度胸も頼もしい。「みんな、待ってるよ。早くおいで」と優しくIKKUにささやく。青森弁でTOMをカツアゲしたヤンキー娘のトーコが、今ではすっげーかわいく思えてくる。

 夜7時30分。オープニングアクトを務める「SHO-GUNG」のクラブでの初ステージが始まる。ふとそのとき、ステージへ向かうIKKUを呼び止める声が。「SHO-GUNG」のオリジナルメンバーであり、IKKUとは中学校時代からの幼なじみであるTOMだった。

TOM「10年前、『ヒップホップ、熱いよ』って誘ってくれてありがとう。俺、自分に才能ないのわかっているから。ここが俺のゴール、ピークだってわかるんだよ。うまくいきすぎだよ」

 TOMらしいネガティブ発言ながら、IKKUへ感謝の気持ちを伝える。これが戦争映画だったら、確実に死亡フラグが立つ台詞でしょう。ある意味、TOMはこのステージで、長くこじらせた自分の青春を葬り去るつもりでいる。MIGHTYの「かませ犬ども、調子はどうだい!」の掛け声を合図に、「SHO-GUNG」はステージへと飛び出していく。

 ついに始まったクラブチッタのステージ。IKKU、TOM、MIGHTYに加え、DJの和夫、そしてカブラギ&トーコとの一夜限りのユニットだ。チッタの会場は観客でいっぱいだが、みんな初めて耳にする「SHO-GUNG」の名前に無反応状態(エキストラへの演出がうまい!)。IKKUもTOMもMIGHTYも、自分たちに恵まれた才能も音楽的キャリアもないことは承知している。観客の冷たい反応は怖いし、できればここから逃げ出したい。でも、今は埼玉や大間でコドクを抱えて、世間を呪っていた頃の彼らとは違う。旅を終えた彼らは、もうひとりぼっちではなく、「SHO-GUNG」として仲間と一緒にステージに立っている。そんなIKKUたちがオープニング曲に選んだのは、『SRサイタマノラッパー』のテーマ曲だ。

IKKU「周回遅れからの集大成♪ 仲間とマイクを繋げばヒッポホップ。誰だってできる、バカだってできる、俺だってできる。ただ、マイクをつなげ!」

 夭折した伝説のタケダ先輩が遺してくれた軽快かつメロディアスなトラックに、IKKUたちが考えた新しいリリックが乗って、チッタの会場中に響き渡る。TOMが、MIGHTYが、そしてトーコ、カブラギへとマイクが回っていく。静観していた観客たちが「SHO-GUNG」の放つ熱気に少しずつ揺さぶられていく。

 現実世界に「SHO-GUNG」は存在しない。フィクションの存在だということはわかっている。でも、8年前に劇場版『SRサイタマノラッパー』(09)に出会い、そして4月から始まった『マイクの細道』を毎週観ているうちに、「SHO-GUNG」はとても身近な存在になっていった。彼らのうまくはないけど、懸命に今の自分に正直なリリックを吐く姿は、もはや他人事とは思えない。

「エス・エッチ・オー、ジー・ユー・エヌ・ジ〜。俺らSHO-GUNG。伸びるぜ、グンググーン♪」

 いよいよ、次週は最終回。彼らの青春も残すところ1曲!
(文=長野辰次)

関連記事(外部サイト)