浜崎あゆみ“慰問ゼロ”で法務省矯正支援官をお役御免に……委嘱前日には意味深ツイートも

浜崎あゆみ“慰問ゼロ”で法務省矯正支援官をお役御免に……委嘱前日には意味深ツイートも

浜崎あゆみ

 2年間“慰問ゼロ”だった歌手の浜崎あゆみが、法務省矯正支援官を外された。

 法務省矯正支援官とは、犯罪者および非行者の再犯防止を目的に、2015年4月に新設された制度。今月12日に東京・霞が関の法務省で行われた2期の委嘱式には、1期から継続して務める元AKB48・高橋みなみや、石田純一、MAXらが出席した。

 また、1960年から60年近く矯正施設への慰問活動を続けていることから「特別矯正監」を務め、この制度の発案者でもある俳優の杉良太郎も出席。1期の支援活躍を振り返り、「(任期の)2年の中で、非常に働いていただいた方と、全く働いていただかなかった方とがわかれましたね」「2年のうちに1回も行っていただいてないのは論外」とピシャリ。2期のメンバーについては、「働いてくれる方を優先して委嘱したい」「差別しました」と語った。

 1期には、くだんのメンバーのほか、浜崎、EXILE・ATSUSHI、タレントのコロッケ、元スピードスケート金メダリストの清水宏保ら11組の著名人に委嘱。任期の2年で一度も慰問に訪れなかった浜崎と、15年に1度少年院を訪れた元横綱・貴乃花光司以外は、2期も継続。2期で新たに委嘱されたのは、歌手の大川栄策だけだった。

「矯正支援官は期ごとにメンバーが大きく入れ替わるわけではなく、継続が理想。簡単な任務ではないため、さまざまな理由により脱落者が出るのは当然のことです」(スポーツ紙記者)

 とはいえ、2年前に委嘱式に出席した浜崎は、「(杉の誘いに)なんの迷いもなく『やらせてください』とお返事させていただきました」「初めての経験ですので、まずはしっかり学ぶところから始めさせていただいて、私にできることをやらせていただきたい」とコメント。杉も「浜崎さんやATSUSHIさんが引き受けてくれて、本当にうれしい」と喜んでいた。

「法務省の担当者いわく、浜崎には各施設から『来てほしい』と要請があったものの、スケジュールが合わなかったとか。しかし、浜崎は任期中、休みごとにダンサーを引き連れて海外で豪遊していただけに、本当に慰問に行く気があったのかと疑問が残ります」(同)

 2年前の委嘱式の前日には、自身のTwitterで「ひとつ嘘をつくと、その嘘を隠すための嘘をつかなきゃいけなくなって、更にその嘘を隠すための嘘も必要になって、あっとゆー間に数え切れない嘘にがんじがらめになっちゃうよ。正直になるのがこわいのかも知れないけど、結果は断然、嘘の方がこわいよ」と意味深なメッセージを発信し、ファンに心配されていた浜崎。自分のことで精一杯で、慰問どころじゃなかったのかもしれない。

関連記事(外部サイト)