『孤独のグルメ Season6』第10話 タイアップが露骨すぎる(笑)まるで旅行番組みたいな鋸山アピール!!

『孤独のグルメ Season6』第10話 タイアップが露骨すぎる(笑)まるで旅行番組みたいな鋸山アピール!!

テレビ東京系『孤独のグルメ Season6』番組サイトより

 ホント、ゴローちゃんこと井之頭五郎(松重豊)ってば、商売のためなら、どこにだって足を運ぶのですね。

 ええ、今回やってきたのは千葉県は富津市の浜金谷駅。東京湾フェリーの千葉県側の港のある街ではありますが、いわば地の果て。

 それでも、プチ出張は苦にならないのがゴローちゃん。

「これはまた、ずいぶんと静かな駅前だ」

 まだ仕事もする前からワクワク感が募ります。

「鋸山、ここだったんだ」

 なんのタイアップなのでしょう? ひとまず観光案内も挿入。のんびりとした風景を存分に描いてから、本編はスタート。

「仕事先は、温泉旅館だし……なんだったら泊まっちゃうか」

 独身かつ一人働きならではの自由な生き方。ここに憧れる人も多いのでしょう。

 さて、やってきた温泉旅館・かぢや旅館。

 じゃらんの口コミを見たら、評価は「4」となかなかです。でも宿泊は2名以上から。あーあ、これだから温泉旅館はイヤなんだよ。商売の都合もあるのでしょうけど、じゃらんとか楽天トラベルで、紹介や口コミを見て、さあ予約しようとした時に宿泊は2名からのときのイラっとする感じ。最初から「一人客はお断り」と書いていて欲しいものですな。

 さてさて、旅館で待ってたのは、石川正則演じる旅館の人。商談の場となるロビーは、いろんなものが置かれていてカオスとなっております。そんなロビーをラウンジ風に改築しようというわけで、よいコーヒー豆とコーヒーカップを求めてゴローちゃんを呼んだというわけです。

 え、ゴローちゃんてばコーヒー豆まで扱ってるんだ。マンガで仕入れた知識だと、コーヒー豆の取り扱いは高度な知識が必要だと思うのですが、すごいねゴローちゃん。改めて尊敬ですよ。

 てなわけで、商談を終えて鋸山登山をすすめられるゴローちゃん。でも、スーツで登山というのもまったく合いそうになく、断念。そう、登山じゃなくて必要なのは空腹と店探しですよ、ゴローちゃん。

 そして、ゴローちゃんが見つけたのは「漁師めし」の文字。店の名前は「漁師めし はまべ」。なんとも、味のありそうな名前です。

 ガラっと戸を引いて入る店内は、やっぱり味がある。

 そんな店にいる漁師風の髭面の客が、いきなり一言絡んできます。

「この人ね口うるさいけどね、味はうまいぞ〜」

 おっと、よく見れば佐藤蛾次郎ではありませんか。そして「余計なこと言ってんじゃないよ」と返してくる店の女将は松本明子。

 味があるというには、濃すぎる店内です。

 しかし『男がつらいよ』が終わってから、久しぶりに佐藤蛾次郎を見たような。この人、なんでこんなに短時間でインパクトを振りまけるんだ? まあ、あまりのインパクトの強さに、そそくさとお勘定をして出演シーンは終了。最後のアドリブと思しき「うまいよっ」の一言が、やっぱりうまい。

 さて、料理のほうもなにを見ても美味そうです。

「アジ三昧。刺身たたきなめろうか。いい三昧だ。地魚フライ……」

「いやちょっと待て。フライが無性に気になってきた……」

 さんざん悩んだ挙げ句に、地魚フライ定食がアジフライということで、これに決定。ついでに、さんが焼きも注文しようとしたら、今日は定食にさんが焼きがついているんだそうです。

 さんが焼きというのは、あわびの殻になめろうを持って焼いたヤツ。漢字では山家焼きと書くそうです。

 しっかし、この店はホントにできます。先に漬け物と肉じゃがの小鉢を出してお客を期待させてくれるのです。

 食べ物も美味いけど、すっかりオバサンになった松本明子が、キャラ立ちしていてビックリ。定食屋に、こんなオバサンよくいるよねえ。

「はいアジフライお待たせしましたどうぞ〜」

「うわっほ〜ぉ!! これはでかいッ!!」

 マジで視聴者が驚くようなデカさのアジフライ。こんなん、東京じゃあ絶対に食べられませんよ。

「なんて、でかさだ。これが房総の底力か」

 わざわざ、カバンから巻き尺を取り出して視聴者にアピールするゴローちゃん。ご飯の丼と味噌汁もデカイ。それに、タルタルソースも好きなだけ使えとばかりに、容器ごと置いてくれます。

「うわっなにこれ? フワフワ?? え〜こんなアジフライって……いやぁびっくりした〜おいしいびっくり久しぶりぃ〜おぉ脂が……肉厚うますぎるこの軽さ〜」

 どうも、松重ゴローちゃん。演技じゃなくてマジで美味かったのでしょう。そんな気持ちが伝わってくるセリフ回しです。

 ちなみに、ゴローちゃんの食べ方ですが、最初はハジにちょこっと醤油を垂らしてから味わう。少しずつ、いろんな味を楽しもうというわけですが、そんなんなくとも美味いアジフライであることが伝わってきます。

 そして味噌汁。カジメ……ねばねばの海藻の味噌汁は、また美味い。そこに投入される添え物のさんが焼き。

「う〜んよいよい……さんが実によい。千葉の民は、よくぞなめろうを焼くという、いわば乱暴な料理を思いつきそうろう……」

 こんな美味いおかずばかりで、ご飯が足りるハズもありません。

 どんぶりメシのおかわりを頼むゴローちゃん。

 さあ、追加ごはんと2枚目のアジフライで、さらなる満足感を目指しましょう。

「2枚目がある幸福……今はただこのアジフライを食べ続けていたい」

 ここからは、味変。今度はソース。そして、タルタル。

 ここでまた、視聴者を驚かせる一言が!!

「うわっ、これすごくうまい!! すごくいいっひぃ!! うん、このアジ……タルタルの濃い味にもびくともしない」

 さんざん満足したゴローちゃん。でも、満足したところで目に飛び込むのは「カジメ入りの醤油ラーメン」の文字。でも、夜だけということで断念です。

「金谷の街に来てこんなうまいアジフライ定食にありつけるとは思ってもいなかった」

 競争相手の少ない田舎町だというのに手を抜かない本気の味に満足するゴローちゃん。

 今回も、視聴者にアジフライを食べさせたくする飯テロ。

 でも、店を出るゴローちゃんに、松本明子がまた言うのです。

「今度よかったら、鋸山登りに来ることがあったら、また寄ってください〜」

 なんだ、この鋸山アピール。やっぱり、タイアップなのか? こういう露骨なタイアップは、嫌いではありません。
(文=昼間たかし)

関連記事(外部サイト)