フジ『フルタチさん』が、テレ東『池の水ぜんぶ抜く』に完敗! 2週連続で「年配者の小言」放送

フジ『フルタチさん』が、テレ東『池の水ぜんぶ抜く』に完敗! 2週連続で「年配者の小言」放送

フジテレビ公式サイトより

 古舘伊知郎が司会を務めるフジテレビ系バラエティ番組『フルタチさん』が、テレビ東京系の裏番組『“池の水ぜんぶ抜く!”緊急SOS!ヤバイ現場に行ってみた!』に視聴率で完敗してしまった。

『池の水ぜんぶ抜く!』は、25日に第3弾を放送。平均視聴率20.3%を記録した『世界の果てまでイッテQ!』(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の裏にもかかわらず、9.7%と健闘した。なお、第1弾(1月15日)は8.3%、第2弾(4月23日)は8.1%で、第3弾がシリーズ最高だった。

「池の水を抜くだけのシンプルな企画ですが、これが『新しい』と視聴者の支持を集めた。日テレの一強が続く日曜ゴールデン帯において、この数字を叩き出せる同企画は“発明”と言っても過言ではないでしょう」(テレビ誌記者)

 一方、この日の『フルタチさん』では、「人生の先輩の怒り35連発!!」と題し、60歳以上の一般人の声を次々と紹介。「昔のような親子の絆がなくなった」「テレビの料理番組で、若い出演者が髪を触りながら料理する」「外食の値段が高い」といった怒りの声が放送された。

 また、67歳の歌手・松崎しげるもVTRで登場。先輩の飲みの誘いを断る若者に憤りを感じているといい、「昔は先輩から言われたら、『じゃあ1時間でも』って言いながら2時間3時間引き回すっていうのが僕ら先輩の役目だった」「しゃべってても目線がスマホにいっちゃってたりさ、冗談じゃないよ、お前。先輩がしゃべってたらこっち向けよ!」と声を荒らげた。

 スタジオでは、古舘、毒蝮三太夫、梅沢富美男が横並びでトークを繰り広げていたが、それを見ている一般観覧客も全員が年配者。視聴者のターゲットを、完全にM3層(50歳以上の男性)やF3層(50歳以上の女性)に絞ったということだろうか?

「前週の放送でも『60歳以上の怒り第2弾!古舘×梅沢×毒蝮…全国怒りの大調査SP』と同じような内容を放送。しかも、古舘、毒蝮、梅沢の衣装が全く同じであることから、2本撮りだった模様。予算に余裕がないのでしょうか……」(同)

 昨年11月のスタート以来、幾度となくリニューアルを繰り返している『フルタチさん』。今月18日の放送では平均視聴率4.9%を記録するなど、いつ打ち切られてもおかしくない状況だ。

「『俺たちの時代は〜』『今の若者は〜』というVTRを2時間近く見せられる視聴者は不快でしかなく、とても高視聴率を狙っているようには思えない。また、陳腐な切り口が目立ち、目新しさは見当たらない。その点は、テレ東の自由な発想を見習うべきでは?」(同)

 2週連続で「年配者の小言」を放送した『フルタチさん』。日テレに対抗するつもりはあるのだろうか?

関連記事(外部サイト)