小林麻央さんの死去で、再び“民間療法”話題に……セレブ芸能人につけ込む悪徳業者も

市川海老蔵の妻小林麻央さん死去巡り民間療法で物議 通院のクリニックに業務停止命令

記事まとめ

  • 市川海老蔵の妻・小林麻央さんが標準治療を断り民間治療を行っていたと報道され物議
  • 過去にがんで亡くなったモデルは気功師や「心霊手術」を頼り、600万円支払ったとも
  • 胆管がんで逝去した川島なお美さんも当初は民間療法を行っていたと明かしていた

小林麻央さんの死去で、再び“民間療法”話題に……セレブ芸能人につけ込む悪徳業者も

小林麻央さんの死去で、再び“民間療法”話題に……セレブ芸能人につけ込む悪徳業者も

小林麻央

 市川海老蔵の妻・小林麻央さんの死去をめぐり、物議を醸しているのが「民間療法」だ。

「週刊新潮」(新潮社)は先ごろ「『海老蔵』は三度過ちを犯した!『小林麻央』の命を奪った忌わしき『民間療法』」なる記事を掲載。麻央さんが医師から抗がん剤などを用いた標準治療を提示されるも、これを断って気功などの民間治療を行っていたというもの。ネット上でも「現代医療で、北斗晶はちゃんと助かった」「民間療法にだまされる人間が悪いのではなく、悪いのは民間療法そのものだ」などの声が聞かれる。

 ある芸能関係者によると、数年前にがんで亡くなった20代の女性モデルは、病院での手術を拒み、「奇跡的治癒」を自称する気功師や、「心霊手術」を標榜していたスピリチュアル・カウンセラーに頼っていたという。

「女性の親族に聞いたところ、メディアにも出ているカウンセラーが『あなたの守護霊を自分の体に憑依させて、治療のアドバイスをする』などと言って、600万円も支払わせていたことが後でわかったそうです。結局、がんが見つかってから半年ほどで死去。その効果があったとは、とても思えない」(同)

 麻央さんの場合、実際の治療経過について確かなところはわからないが、標準治療を行ったのが、がん発見から1年4カ月後だったというのが事実なら、“別の選択肢”を模索したことが死を早めた可能性はある。

 週刊誌などでは、夫の市川海老蔵が女性風水師や占い師に傾倒していて、そんなスピリチュアル信仰から気功療法を行っていた話や、麻央さんが通っていたクリニックに対し、先ごろ無届けの医療行為により業務停止命令が下ったことなどが伝えられている。

 医療ジャーナリストによると「標準治療ではがんの種類や進行度を診て、手術や放射線、抗がん剤などを用いた治療を組み合わせるのが一般的ですが、わらにもすがる気持ちから、金のあるセレブが奇妙な民間療法に頼るケースは少なくないんです。特に芸能人などの我が強い人は、高度すぎて理解しにくい医学よりも、別の何かを求める心理が働いて民間療法に走りたがり、そこにつけ込む連中もいる」という。

 実際、2015年9月に胆管がんにより54歳で逝去した女優・川島なお美さんは当初、副作用で女優の仕事に支障が出る可能性のある抗がん剤治療を拒み、民間療法を行っていることを明かしていた。
そんな彼女がやっていたのが「純金の棒で体をこすって邪気を取り払う」というもの。「ごしんじょう療法」なるその治療は、「痛み、アレルギー、がん、ALS、難病など、さまざまな病に効果をあらわせる」(これを請け負う鍼灸師のホームページより)というが、医学界でその治療法の効果が認められているわけではない。

「病に侵された人それぞれの選択を、とやかく言えない部分もありますが、一般的に民間療法はビジネス色が強く、高い治療費のみならず、高額なモノを買わされることが多い。ほかにも、体から悪い磁気を取り除く機械だとか、お守りのようなもの、治療に必要だというグッズを何かと売りつけているケースが非常に多い。最近では『先端医療』などとうたって、患者を誤解させる商法も増えています。本当に効果のあるモノなら、管轄するPMDA(医薬品医療機器総合機構)が、ちゃんと認めるはずなんですけどね」(前出ジャーナリスト)

 民間療法を全否定するわけではないが、怪しいシロモノが多いことは確かで、そこはしっかりと見極めが必要だろう。
(文=片岡亮/NEWSIDER)

関連記事(外部サイト)