画面の中の竹内涼真に「コラァ!」 『あさイチ』恒例“朝ドラ受け”で、有働由美子アナが大暴走

画面の中の竹内涼真に「コラァ!」 『あさイチ』恒例“朝ドラ受け”で、有働由美子アナが大暴走

『あさイチ』 NHKオンライン

 まだ梅雨明けは発表されていないはずなのに、カンカン照りの日々が続いていたここ数日。そして、外の気候に勝るとも劣らぬホットな激情を見せたのは、『あさイチ』(NHK総合)で司会を務める有働由美子アナウンサーであった。

 冷静なテンションをまるで保とうとしない有働アナが見逃せなかった、『あさイチ』の7月前半(7/3〜7/14)の話題をお届け!


■『ひよっこ』を見てあえいだり、キレたり……

 この番組は、オープニングで司会のV6・井ノ原快彦と有働アナが朝ドラの感想を述べる、通称“朝ドラ受け”が恒例。特に有働アナは、直前まで放送していたストーリーに心奪われ、時には涙目のまま登場したり……。彼女の感情の揺さぶられっぷりは、視聴者の間でおなじみである。

 7月12日放送回では、まぶしすぎるほどの陽気さと喜びをたたえた笑顔でオープニングの挨拶に臨む有働アナが印象的であった。しかも「うふん♪」と、とてもアナウンサーとは思えないあえぎ(?)が彼女の口からは漏れてしまっているし。

 理由は明白だ。この日の朝ドラ『ひよっこ』は、ヒロインのみね子(有村架純)と島谷純一郎(竹内涼真)が、めでたく恋人同士となったのだ。これを受け、喜びのピークを迎えたまま有働アナは登場。「うふん♪」が漏れてしまった彼女を、誰が責められようか。

 そんな尋常ではないテンションの有働アナを見て、井ノ原は「どうしたんですか(笑)」と思わず苦笑い。だが、体をクネクネさせながら有働アナはニヤケっぱなし! 胸に手を当ててドキドキを抑えながら「あ〜ん!」「良かったわ〜!」と、その姿は完全に乙女だ。
 
 翌13日の“朝ドラ受け”も、尋常じゃなかった。キャンパス内をみね子と島谷が歩いていると、島谷の友人と遭遇。みね子の存在を確認した友人が島谷に「ひょっとして、島谷の彼女か?」と質問したのだが、なぜだか島谷は返答せず。無言の間が空いたまま、この日の『ひよっこ』は終了してしまったのだ。

 続いて、『あさイチ』がスタート。何食わぬ顔で「おはようございます」と視聴者に挨拶した有働アナであったが、井ノ原は有働アナを指さして「『即答だろ、コラァ!』っていう声が漏れてましたけど」と一言。島谷の振る舞いを見た有働アナが、番組開始直前に思わず怒りのリアクションをしていたことを暴露したのだ。

 一瞬バツの悪そうな表情を見せたものの「即答でしょ、あそこは! 『彼女だよ』って言わなかったから、ちょっとイラッとしましたね……」と主張する有働アナ。しかし、井ノ原は「返事は明日に引っ張ったのでは?」と、役者の立場から、これから続くドラマの構成を予想。結果、やはり翌日の『ひよっこ』で島谷は「ああ、俺の恋人」と、友人の問いに男らしく返答している。この態度には、有働アナも一安心のはずだ。


■ユースケ・サンタマリアの“愛の告白”に……

 14日放送のプレミアムトークには、ユースケ・サンタマリアが登場。15日からスタートした土曜時代ドラマ『悦ちゃん』の主演を務めるユースケは、独特の適当なノリで「(『悦ちゃん』の)出演者のみんなに恋してる」と発言。その勢いのまま、今回が初対面だという有働アナに対し「こんなに素敵な人だとは思わなかった。出会ったのが酒の席だったら、俺は口説いてたかもしれない」と、これまた適当な発言を放っている。

 そして、「特選!エンタ」のコーナーに突入する番組。この日は現在公開中のホラー映画『ライフ』が紹介されたが、本編の一部をスタジオで鑑賞したユースケはドキドキの場面に「うわーっ!」と大げさなリアクションを見せる。井ノ原に「うるさい!」と突っ込まれるほどの大騒ぎであったが、実は有働アナも映画館でいちいち声を上げてリアクションしてしまうタイプだそう。この告白を聞いたユースケは、すかさず「そういう女の人が好きです!」と告白したのだ。これに有働アナは、まんざらでもない表情。

 どうかと思うほどに、喜怒哀楽の感情表現が豊かな有働アナ。しかし、そんな局アナらしからぬ彼女を支持する人は大勢いるのだ。
(文=寺西ジャジューカ)

関連記事(外部サイト)