なぜ話題にならない!? 満島ひかりが新作主演映画で「決意の乳首露出」も……

なぜ話題にならない!? 満島ひかりが新作主演映画で「決意の乳首露出」も……

映画『海辺の生と死』公式サイトより

 なぜかまったく話題になっていないが、これは今年最大のエロトピックスではなかろうか。

 7月29日公開の映画『海辺の生と死』で、主演女優の満島ひかりが“ナマ乳首”を公開しているというのだ。

 満島といえば、1997年にアイドルユニット「Folder」に「HIKARI」名義で参加。2000年にDAICHIとJOEが脱退し、女子5人組ユニット「Folder5」となった後も、03年までアイドル歌手として活動。

 その後女優に転身し、09年には園子温監督の映画『愛のむきだし』で濃厚なレズシーンや、過激オナニーをこなしている。

 その演技力は業界内で非常に高く評価され、昨年のドラマ『トットてれび』(NHK総合)、今年の『カルテット』(TBS系)の好演で、今では実力派女優の一人に数えられるほどだ。

 舞台は太平洋戦争の末期。特攻艇隊長である恋人(永山絢斗)の出撃前夜に、満島が裏庭の井戸で身体を浄めるシーンで、彼女の乳房が全開になる。

「最後の逢瀬になるかもしれないという想いから、自身も自決の覚悟で水を浴びる。そんな異様な空気が流れるなか、上半身が丸出しのまま数十秒間も満島の美乳が映りっぱなしになります。バストはそれほど大きくない手のひらサイズでしたが、水しぶきが彼女の乳首を伝っていく様がエロチックでしたね。彼女の女優としての覚悟を感じました」(映画ライター)

 満島は昨年5月に映画監督の石井裕也と離婚。同時に永山との熱愛が発覚したため、今作の話題は永山とのその後にばかり集中していた。そんな色恋話でスルーされそうになっている満島の決意の乳首。男ならそれだけでも“見る価値アリ”だろう。

関連記事(外部サイト)