土屋太鳳、幼馴染が「普段と話し方違う」と暴露! 「やっぱりぶりっ子」とアンチ大爆発!!

土屋太鳳、幼馴染が「普段と話し方違う」と暴露! 「やっぱりぶりっ子」とアンチ大爆発!!

『土屋太鳳1stフォトブック「DOCUMENT」』(東京ニュース通信社)

 3月26日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演した女優・土屋太鳳が、幼馴染の俳優・野村祐希から「普段と話し方が違う」ことを暴露され、ネット上では「やっぱり土屋太鳳って、ぶりっ子なんだな」と批判が巻き起こっている。

「番組では、土屋と野村が同じ幼稚園、小学校で過ごした幼馴染の同級生であることを紹介。土屋は『祐希とはホントに、小さい頃は同じお風呂に入ってました』と可愛らしいエピソードを披露し、野村も、幼少期やプライベートでの土屋について『“漢”じゃねえかって思うくらいの性格』『スカートはいてるのも、全然違うな(って思う)』などと話したんです」(芸能ライター)

 そんな中、番組司会の雨上がり決死隊・宮迫博之が「普段は、太鳳ちゃんはこんなしゃべり方なの?」と質問したところ、野村は、土屋と久々に会った際に「えっ!?? どうしたの?? その話し方どうした?」と驚くほど、自分がよく知る土屋とは違っていたことを明かしたのだ。

「近頃の土屋は、ネットを中心に『言動があざとい』『キャラ作ってるんじゃない?』などといわれ、アンチを増やしている。そのため、野村の暴露を受けて、『つまり、テレビではぶりっ子してるってことだよね』『あのわざとらしい媚びたようなしゃべり方、男でも聞いててイラッとくるよ』『柔らかい声も意識して作ってるんだろうな。なんか嘘くさくて苦手だったんだよね〜』『いい子キャラが強烈すぎてウンザリする』というように、さらなるバッシングが巻き起こっています」(同)

 批判的な意見が多く飛び交う一方で、なかには「本来はサバサバしてるなら、そっちの方が男女両方の好感度が得られそうなのに」「アイドルじゃなくて女優なんだから、そんなにいい子ぶりっ子する必要ないよ。後々キャラクターで苦労することになりそう」といった心配の声も出ている。土屋本人の意思なのか、事務所の意向なのかにもよるが、世間の声が届くことを願うばかりだ。

関連記事(外部サイト)