元KAT‐TUN・田中聖、ジャニーズ退所後“テレビから消えた”2つの理由

元KAT‐TUN・田中聖、ジャニーズ退所後“テレビから消えた”2つの理由

元KAT‐TUN・田中聖、ジャニーズ退所後“テレビから消えた”2つの理由の画像

 元KAT‐TUNの田中聖が、5月24日に大麻取締法違反(所持)の容疑で逮捕されていたことがわかった。田中は2013年のジャニーズ退所後、翌年にはロックバンド・INKTを結成するなど、精力的に活動していたものの、「テレビ出演はNGとされていた」(テレビ局プロデューサー)という。

 報道によると、田中は東京・渋谷区の路上で、警視庁渋谷署員から職務質問を受けた際、運転していた自家用車内に大麻の花穂を所持していたという。しかし、田中は調べに対し、「大麻は自分のものではない」と容疑を否認したと伝えられている。

「今回の報道で、『久しぶりに田中をテレビで見た』と感じる視聴者も多いのではないでしょうか。それもそのはず、田中はジャニーズを離れた後、芸能活動は続けていたものの、局でいえばTOKYO MX以外でのテレビ出演は皆無。田中はINKTでもメジャーデビューを目指すなど、最前線での芸能活動を希望していたようですが、キー局としては出演させられない理由が2つありました」(同)

 それぞれの理由は、簡単に解決できるものではないようだ。

「まずは、全身にタトゥーが入っているとされるから。特に、衣装から見えてしまう可能性が高い両腕のタトゥーは完全にアウト。この時点で、キー局は積極的に田中を使おうとは思いません。そして、もう1つはジャニーズ事務所に配慮するため。田中は、同じく元KAT‐TUNでジャニーズを辞めた赤西仁や田口淳之介と違って、事務所側から『度重なるルール違反のため契約解除』とハッキリ公表されています。これはただの発表ではなく、ジャニーズが各局に向けて『田中をテレビに出すな』と言っているも同然のことで、テレビどころか新聞や雑誌でさえ、“親ジャニーズ派”の媒体では進んで取り上げようとはしませんでした」(同)

 だが、ジャニーズの意向はともかく、田中のタトゥーはジャニーズ時代から入っていたとされ、それでもテレビ出演に問題はなかった。

「当時、田中さんのタトゥーはシールで、弟でジャニーズJr.の田中樹が『あれはイキがってるだけだよ』と暴露していました。退所後は晴れて、本物を入れることができたのでしょうが……」(ジャニーズ関係者)

 これでは田中がテレビに呼ばれない原因は、自己責任というほかない。罪を償った後、もしくは容疑が晴れた後、田中は芸能活動を続けていけるのだろうか。

関連記事(外部サイト)