『ひよっこ』有村架純の“水着姿”スルーに視聴者落胆! 「ウキウキ返して!」と嘆きの声

『ひよっこ』有村架純の“水着姿”スルーに視聴者落胆! 「ウキウキ返して!」と嘆きの声

『ひよっこ』(NHK)公式サイトより

ニッポンのお茶の間をわかし続ける国民的番組“朝ドラ”――そのあらすじと視聴者からの反響を、サイゾーウーマンが週2回(火・金曜日)お届けします!

『ひよっこ』(NHK総合/月〜土、午前8時) 茨城県北西部の村に生まれたヒロイン・谷田部みね子(有村架純)が主人公。みね子が集団就職での上京を経て、様々な経験を積みながら自分の殻を破っていく姿を描いた成長物語だ。

【サイ女の朝ドラ通信バックナンバー】
<42話〜44話>『ひよっこ』42話は“母親たちの女子会”! 斬新すぎる脚本に「面白い」「飽きる」の賛否両論
<39話〜41話>『ひよっこ』みね子の「元々お金持ちの人もいる」発言で騒然! 「『べっぴんさん』批判した?」
<36話〜38話>『ひよっこ』有村架純と宮元信子の『あまちゃん』コンビ再び! 「春子と夏ばっぱだ」と感動の声

■5月24日(水)/45話〜5月26日(金)/47話
 ついに、みね子たちが心待ちにしていた海水浴の当日が描かれた45話。しかし、その日はまさかの朝からどしゃぶり。意気消沈するみね子たちを、同室の幸子(小島藤子)の彼氏で、コーラス講師もしている雄大(井之脇海)と、警察官の綿引(竜星涼)が迎えに来る。雨で海を諦めたみね子たちは、みんなで映画『ウエスト・サイド物語』を見に行くことに。映画を楽しんだ後、寮で談笑しているうちに雨もやんだため、あらためて浜辺に遊びへ行くことにするのだった。しかし、視聴者からは大きな期待を寄せていた水着姿が披露されなかったことで、「有村架純の水着姿見たかった!」「昨日までのウキウキを返して!」「視聴者も楽しみにしてたのにひどい」と落胆の声が続出。SNSには、“ドラマで見られなかった代わりに”と、ネットユーザーが『ひよっこ』女優陣の水着グラビア写真がを多数アップするなど、“お祭り騒ぎ”になっていた。

 46話では、お盆に唯一帰省したみね子の幼馴染・三男(泉澤祐希)の姿が描かれた。三男は、みね子の母・美代子(木村佳乃)や時子の母・君子(羽田美智子)、さらにみね子の叔父・宗男(峯田和伸)の訪問を受け、大忙しで過ごすのだった。一方みね子たちは、いつも通りの日常を過ごしていたが、業績不振により、給料が1割減額となってしまう。

 47話でみね子たちは、給料が減額になったとしても、故郷への仕送りを減らさないと決意する。ある休日、みね子は給料日後の楽しみである洋食屋・すずふり亭を来店。毎月、注文する品の値段を上げていくことを目標にしていたが、今月は減給のせいで、結局一番安いビーフコロッケを頼んだ。“このままでは、すずふり亭の料理が食べられなくなるのではないか”と、涙を食べながらコロッケを口に運ぶみね子を、すずふり亭の店主・鈴子(宮本信子)は店の裏に呼び出し、優しく抱きしめるのだった。

 47話ラストでは、なぜか綿引がみね子に謝罪をしているシーンが。いったい綿引に何が起こったのか、次回も見逃せない。

関連記事(外部サイト)