泉里香「豊胸疑惑」佐藤栞里「ゴリ押し」永野芽郁「あざとい」……アンチ急増の女性タレント

泉里香「豊胸疑惑」佐藤栞里「ゴリ押し」永野芽郁「あざとい」……アンチ急増の女性タレント

泉里香公式プロフィールより

 4月に発売された写真集『Rika!』(SDP)がロングヒット中の泉里香。2017年のブレークタレント筆頭格だが、メディア露出が増えたことでアンチが急増している。

「泉は2008年から『Ray』(主婦の友社)の専属モデルとして活躍していましたが、注目を浴び始めたのは、16年に水着グラビアデビューしたことがきっかけでした。現在は、モデルとグラビアで活躍する“モグラ女子”としてメディア露出が増えており、今年に入って知名度が急上昇した印象です。ただ、“胸が大きすぎることがコンプレックス”と盛んにアピールしたことにより、ネット上で『グラビアやってるくせに「胸がコンプレックス」というのは疑問』などという声が上がり始め、また“豊胸疑惑”までささやかれるように。モデル時代のファンからも、『グラビアで人気が出て、テレビに出るようになってから嫌いになった』という人も多いようです」(芸能記者)

 泉のように、ブレークしたものの、すぐさまアンチが増えてしまった女性タレントはほかにもいる。4月から『王様のブランチ』(TBS系)の新MCに就任したモデル・佐藤栞里もその1人だ。

「天真爛漫なキャラでバラエティ番組に引っ張りだこの佐藤ですが、アンチ急増の理由は“ゴリ押し”でしょう。ニホンモニターが発表した『タレント番組出演本数ランキング』によると、2014年の出演本数はわずか11番組だったものの、翌年15年には113番組に急増。現在は『王様のブランチ』以外にも『1億人の大質問!? 笑ってコラえて!』や『ヒルナンデス!』(ともに日本テレビ系)のレギュラーとして活躍中ですが、『誰であろうと、可愛くてもゴリ押しは嫌』『芸もないのに、次から次に仕事が決まるのは不思議』『ゴリ押しされているタレントは、なぜか不思議と嫌いになっちゃう』といった声が上がっています」(テレビ誌ライター)

 そして、現在公開中の映画『ピーチガール』や「UQモバイル」のCMに出演中の女優・永野芽郁も着実にアンチを増やしている。

「昨年、Hey!Say!JUMP・伊野尾慧とのツーショット写真がネットに流出した永野は、ジャニーズファンから目を付けられているようです。今月18日に放送された『VS嵐』(フジテレビ系)に永野が出演した際、“早口言葉対決”でヘラヘラと笑って早口が言えなかったシーンが放送され、このシーンをジャニーズファンは“あざとい”と受け取ったようで、『ますます嫌いになった』『自分が妹キャラだとわかっていて演じてる感じが嫌い』と批判的な声が続出中しています」(芸能誌編集者)

 浮き沈みが激しい芸能界。せっかく売れたのだから、すぐさま消えてしまわないように、アンチを蹴散らす圧倒的な活躍を見せてほしいものだが……。

関連記事(外部サイト)