NGT48・荻野由佳、総選挙速報1位に「関係者も首傾げるばかり」! 「嘘でしょ」と大混乱

NGT48・荻野由佳、総選挙速報1位に「関係者も首傾げるばかり」! 「嘘でしょ」と大混乱

NGT48・荻野由佳公式プロフィールより

 6月に沖縄で開催される「AKB48 49thシングル 選抜総選挙」の速報結果が、5月31日に発表され、NGT48・荻野由佳が、過去最高得票で暫定トップを獲得した。一般的には無名のメンバーだけに、この結果には、ファンのみならず業界人でさえ「なぜ?」と疑問を呈しているという。投票システムの管理会社は、一部ネット上で噴出していた“重複投票疑惑”をオフィシャルサイトで否定したが……。

 速報では1位の荻野が5万5,061票、次いでSKE48・松井珠理奈が3万4,641票。2連覇中の指原莉乃は3万2,340票で3位という結果だった。

「当日、秋葉原のAKB48劇場では、ランキングが順に発表されていましたが、2位が松井だった時点で、各AKB担当記者でさえ『えっ、じゃあトップは誰なの?』と、誰も荻野のトップを予想していませんでした。荻野の名が呼ばれても、『嘘でしょ』という反応。AKBに詳しい記者や、アイドル評論家でさえ『投票システムが壊れたか、NGTに大富豪のパトロンでもいるかのどちらか』と、首を傾げるばかりでした」(アイドル誌記者)

 2015年にお披露目されたNGTは、グループ随一の“地域密着派”。地元・新潟での活動を中心に、現地のみの番組やCMに出演するなど、地域に根ざした活動スタンスを取っている。

「今回の速報結果は、まさにこの草の根の努力が実を結んだ結果。若手グループながら、トップ10位以内には荻野以外にも2人がランクイン。露骨なゴリ押しもなく、ここまで得票数を伸ばせたのは、純粋にメンバーや運営が地に足をつけて活動を続けてきたからにほかなりません」(運営関係者)

 また、指原を抑えて2位につけた松井については、「結果発表当日、SKEの劇場公演で珠理奈の生誕祭が行われていたんです。そこで、“速報1位をプレゼントしてあげたい”と、熱心なファンが気合を入れて、速報に間に合うように投票をしたのでしょう。実は昨年の渡辺も同様のパターンで、速報1位を獲得していたんです。しかし残念ながら、珠理奈は荻野という伏兵の前に敗北してしまいました」(前出・記者)とか。

「今回の荻野の得票数は、中間では過去最高値となる5万5,000票超え。それでも、今年のV争いは、以前からいわれているように、指原と渡辺の一騎打ちになる可能性が濃厚であると、運営は見ています」(前出・関係者)

 本番では“本命”の2人とNGTの票数が、どこまで拮抗していくのか注目したい。

関連記事(外部サイト)