Kis-My-Ft2新曲、初日8.6万枚! 2作連続売り上げダウン「5年ぶり」低スタートの衝撃

Kis-My-Ft2新曲、初日8.6万枚! 2作連続売り上げダウン「5年ぶり」低スタートの衝撃

Kis-My-Ft2新曲、初日8.6万枚! 2作連続売り上げダウン「5年ぶり」低スタートの衝撃の画像

 Kis-My-Ft2のニューシングル「PICK IT UP」が6月7日にリリースされ、発売初日のオリコンデイリーランキング(6日付)では初登場1位を獲得したが、売り上げは8.6万枚と1ケタを記録。数年ぶりの2ケタ割れスタートを切った。

 今作は、メンバーの藤ヶ谷太輔が出演する連続ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(フジテレビ系)のテーマソングに起用された「PICK IT UP」がタイトル曲。初回生産限定盤A・Bと通常盤の3形態で発売され、初回盤はDVDがついているほか、メンバー出演の『もしもツアーズ』(同)や、コーワ「ウナコーワ」のCMソングに使用された曲がカップリングとなっていて、ファンにとっては全タイプ揃えたい仕様となっている。

 キスマイは今年3月に初のトリプルA面シングル「INTER」をリリースし、発売初日は11.5万枚を売り上げていたものの、前作「Sha la la☆Summer Time」(昨年8月)の初日記録14.7万枚を下回っていた。今作も、「INTER」から売り上げを落としており、2作連続で約3万枚ずつ減少している状況だ。

 また、5月3日に発売されたアルバム『MUSIC COLOSSEUM』の売り上げは初週20.6万枚で、こちらも前作『I SCREAM』(昨年6月)の初週24.4万枚から約4万枚ダウンしており、3月中旬にネット上で話題になった横尾渉の女性スキャンダルが影響しているのではないかという見方が強まっていた。

「今作の出足は、『WANNA BEEEE!!!/Shake It Up』(12年8月)の11.0万枚、『光のシグナル』(14年3月)の11.4万よりも売れていません。デイリー売り上げで過去最低だった12年3月の『SHE! HER! HER!』の6.5万枚に次ぐ低記録です。ドラマ『櫻子さん〜』は初回に6.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を獲得後、6話で4.2%に下がるなど、大爆死中。ドラマによる宣伝効果は、ほぼなかったのでしょう」(ジャニーズに詳しい記者)

 そんなキスマイは現在、アリーナツアー『Kis‐My‐Ft2 LIVE TOUR 2017 MUSIC COLOSSEUM』の真っ最中。バックダンサーとしてダンス技術に定評のあるジャニーズJr.内ユニット・Travis Japanが出演しているが、新潟で行われた初日(5月13日)の公演を見たJr.ファンから「ガシガシ踊る曲やJr.コーナーもない。トラジャの無駄使い」といった不満の声が噴出したのだ。

 それを受けてか、札幌公演からは演出に大きな変更も。Travis Japanが楽曲をパフォーマンスする時間が設けられたほか、「キスマイメンバーが客席に紛れてかくれんぼする」というコーナーが導入されたのだ。

「かくれんぼは客席にメンバーが隠れるだけに、抱きついたり、接近したりする過激なファンもいたようで、『キスマイの安全のためにもやめた方がいい』といった懸念が聞こえてきます。また、新コーナーの増設により、北山宏光と藤ヶ谷コンビによる“生着替え”がなくなったそうで、キスマイのファンは『藤北のお着替えコーナーは残してほしかった』と、落胆していました」(同)

 新曲の初日売り上げについて、ファンは「10万切るのは悲しい」と衝撃を受けている。週末ランキングの結果までに売り上げを伸ばせるだろうか。

関連記事(外部サイト)