小出恵介、17歳少女淫行騒動の“釈明会見”熱望も……「フライデー」続報に戦々恐々!?

小出恵介、17歳少女淫行騒動の“釈明会見”熱望も……「フライデー」続報に戦々恐々!?

「シュアリー・サムデイ」/SE

 小出恵介の未成年淫行騒動で、第一報をスクープした「フライデー」(講談社)の動向に、各マスコミの注目が集まっている。小出本人は、記者会見での説明を希望しているというが、“フライデー砲”の第2弾を確認しないうちは、身動きができない状況となっているようだ。

 同誌は6月9日発売号で、小出と飲酒をした上に肉体関係を強要された17歳少女の証言を掲載。発売前日には、小出の所属事務所・アミューズが、芸能活動の無期限停止を発表した。

「アミューズの発表文は、記事を全面的に認めて謝罪に徹するものでした。一方で、『フライデー』側は小出側の出方をうかがっており、記事を否定されれば、続報で“反撃”する準備を進めていたといいます」(スポーツ紙記者)

 「フライデー」が準備していたのは、小出と少女のLINEのやりとりや、さらなる爆弾証言だという。

「もし小出側が、記事内容を否定してきたら、未成年淫行の事実を決定付ける、新たな証拠を出す予定だったそうです。しかし現状、小出は、すでに出演番組やCMなど、全ての芸能活動を休止し、報道を否定するような発言は一切していないだけに、『フライデー』はこうした証拠を闇に葬るのでは。ただ、今週金曜の発売号にそれが掲載される可能性も否定できないため、小出側は戦々恐々としているはずですよ。本人は、早急に会見を開いて、今回の報道について説明したいという思いがあるそうですが、『フライデー』側の出方を見て判断した上でなければ、公にコメントをすることも難しいため、現在事務所は、会見について、『刑事事件に係る事案を含んでいるため、現在、専門家も交えて調査・分析を進めております』としているんです」(同)

 同誌以外のマスコミ各社も、小出の過去の異性スキャンダルを鋭意取材中という。マスコミは、どこまで小出の闇をえぐり出していくのだろうか。

関連記事(外部サイト)