『鉄腕!DASH!!』城島茂、ダイヤモンドカッターに大興奮! 山口達也にたしなめられる

『鉄腕!DASH!!』城島茂、ダイヤモンドカッターに大興奮! 山口達也にたしなめられる

『鉄腕!DASH!!』城島茂、ダイヤモンドカッターに大興奮! 山口達也にたしなめられるの画像

 レギュラーを務めるTOKIOの中でも、城島茂の活躍なくして成立しない『THE!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)。もはや彼の「冠番組」と化しているこの番組から、国民的中年アイドル・茂の動向をお伝えします!

■視聴率:15.2%(6月11日放送回)

 この日のメインは、市町村の特産品を巨大化させる人気企画「DASHご当地PR課」。今回は愛知県岡崎市で採掘される「御影石」(みかげいし)を使って、よく跳ねる「水切り石」を作ることに。水切りとはもちろん、川に石を投げ、水面を跳ねる回数を競う昔ながらの遊びだ。

 だが地元市民に岡崎の御影石のことを聞いてみても、みな一様に「知らない」という寂しい答えが……。さらには、日本のあらゆる事柄を網羅する知の巨人・茂も、「知らんかったなぁ。(岡崎の)石、有名なんやね」とポツリ。

 立ち寄った石材店で、龍の石像を発見した茂。その口の中には、まさしくドラゴンボールのような、まん丸い「玉」が。もちろん、この玉も石を削り出して造られたものなのだが、茂はあろうことか龍の口に手を突っ込んで、「出ないかな」と玉を無理やり取り出そうとする。相棒・山口達也にすかさず「やめなさい」と、たしなめられる46歳であった。

 さて水切りの世界記録は、2003年にイギリスで認定された88回ということを知った達也。「お〜いいね、燃えてきた。岡崎の御影石で記録作ればいいんじゃない?」と、闘志をむき出しに。

 そこで早速、刃先に人工ダイヤモンドが埋め込まれている電動ダイヤモンドカッターを手に持ち、コースターや表札に使用する御影石を丸く削ることに。茂は、そんなカッターの性能の良さに興奮した様子で叫び始めた。

「ダイヤモンドカッター素晴らしい! 削りやすい! 今までになかった、この切れ味! こんな削りやすいのが今まであったでしょうか!?」

 この“実況解説”に対し、隣で同じく作業する達也がまたもや注意する。「うるさい! 集中して」。今日の茂はなぜか浮かれている。もしやあの熱愛報道が影響しているのか!?

 さらに、石の表面をピカピカに磨き上げた茂は、そのあまりの美しさに「もう投げたくないわ」と言い出す始末。確かにインテリアに良さそうな出来栄えであるが、企画放棄ともいえる発言はいただけない。

◎茂・達也はお役御免?
 この後「水切り」チャレンジが行われたものの、茂、さらには達也までも“出番がない”展開に。46回という元・日本記録所持者である、水切り界のレジェンドというおじさんがやって来たり、地元・愛知出身の元プロ野球選手で山本昌氏が登場し、茂たちが作ったたくさんの水切り石を延々と投げては失敗が続く……。

 茂ファンとしては深夜時代、松岡昌宏が番組で「人間水切り石になれるか!?」というチャレンジをしたときのように、茂が大活躍する姿を見たかったのだが……。ちなみに結果としては、山本氏が記録した36回がこの日の最高だった。

関連記事(外部サイト)