小出恵介、賠償金は5億円超!? 「未成年と飲酒・淫行」のゲス川谷や狩野英考と違う点

【小出恵介が無期限活動停止】賠償金は5億円超か ゲス川谷絵音や狩野英考と違う点も

記事まとめ

  • 未成年との飲酒・淫行の小出恵介と、ゲスの極み乙女。川谷絵音や狩野英考の違いを指摘
  • フライデーによると小出は当日知り合った少女で、川谷と狩野は恋愛の対象だったという
  • 小出はドラマ、映画、CMからも消え、各社への損害賠償は5億円を超えるといわれる

小出恵介、賠償金は5億円超!? 「未成年と飲酒・淫行」のゲス川谷や狩野英考と違う点

小出恵介、賠償金は5億円超!? 「未成年と飲酒・淫行」のゲス川谷や狩野英考と違う点

小出恵介公式プロフィールより

 未成年との飲酒・淫行問題が、またまた世間を騒がせている芸能界。爽やかイメージだった俳優・小出恵介(33)が起こした出来事だっただけに波紋は大きい。

 同じ未成年との飲酒・淫行でも「ゲスの極み乙女。」川谷絵音(28)や、お笑い芸人・狩野英考(35)の問題とは大きく違う。飲酒・淫行には違いはないが、彼らは恋愛の対象相手だった。川谷は、いまは成人した女性と交際しているし、狩野は年齢を知って“慌てて”別れている。ところが小出は違う。

 取材、スクープした「フライデー」(講談社)によると小出は、17歳と知った上で少女と飲酒し、自分が宿泊しているホテルに連れ込み、複数回不適切な関係に及んだ。少女の告白は、生々しい。知人に呼び出され大阪・ミナミのバーに行った少女は「小出さんとゲームをしながら、(中略)リキュールをショットグラスのストレートで何度も飲みました。そしたら突然、何も言わずに小出さんがバッと覆いかぶさってきて、キスをされたんです」と出会いを証言。心斎橋のナンパの名所「戎橋」でキスされ、強引にホテルに持ち帰られた。「部屋に入った途端に迫ってきて、シャワーも浴びず、いきなり挿入。しかも、避妊もしてくれなかったんです。ベッドで覆いかぶさってきた彼に、『狩野英考と一緒やで』と言ったら、『わかってる』と開き直った口調で答えました」と。

 恋愛じゃなく「強姦・準強姦行為」そのものだ。小出は「お詫びしてもしきれませんが、本当に申し訳ない気持ちで一杯です。また、直近の仕事関係の皆様、これまで出演していた作品に携わっていたスタッフの皆様、応援して下さっているファンの皆様、すべての方々への申し訳ない思いも計り知れません。(中略)ひとえに、私の社会人として、また表に出る人間としての自覚の低さ、自分自身への甘さが招いたことであり、弁解の余地はございません。今後は、全てのご批判や処罰を真摯に受け止め、私自身の取るべき責任を果たしていきたいと思います」と報道を認め、所属事務所は「事態の重さを鑑みて、小出恵介に関しては無期限活動停止とさせていただきます。また、これまでに撮影している作品に関しましては、関係各位と協議させていただきます」とコメントした。

 その代償は大きい。ドラマ、映画、CMからも消えた。5月上旬、小出がドラマ撮影中に訪れていた大阪での出来事。すでに約1カ月がたっていた。ここに来て、小出が金銭を要求されたという話も、少女がシングルマザーでハニートラップだったというウワサも流れだした。少女にどんな過去があろうと、未成年と飲酒したことは事実。「小出の酒癖の悪さ」が引き起こした騒動で、今後、警察が動いて、事情聴取や逮捕があるのだろうか。

 時機を見て記者会見を開くという小出だが、5億円を超えるといわれる各社への損害賠償がある。放送中止になった6話分のNHKドラマの賠償金は、視聴者からの受信料から作られていることを考えると、その額は想像を絶する。小出が支払わなきゃならない賠償金は、サラリーマンの生涯年収(約2億5,000万円〜3億円)をはるかに超えることになるのだろう。芸能界に戻れないと返せない金額だが、もし、テレビの世界に戻れるとしても気の長い年月がかかると思う。

石川敏男(いしかわ・としお)
昭和21年11月10日生まれ。東京都出身。『ザ・ワイド』(日本テレビ系)の芸能デスク兼芸能リポーターとして活躍、現在は読売テレビ『す・またん』に出演中。 松竹宣伝部、『女性セブン』(小学館)『週刊女性』(主婦と生活社)の芸能記者から芸能レポーターへと転身。

関連記事(外部サイト)