【元Jr.独占手記】なぜJr.はタッキーが好きなのか? 滝沢秀明の「誰もマネできない後輩育成術」

【元Jr.独占手記】なぜJr.はタッキーが好きなのか? 滝沢秀明の「誰もマネできない後輩育成術」

【元Jr.独占手記】なぜJr.はタッキーが好きなのか? 滝沢秀明の「誰もマネできない後輩育成術」の画像

 6月17日から、タッキーこと滝沢秀明くん主演の映画『こどもつかい』が公開になりましたね。おめでとうございます! 滝沢くんは、ファンの人たちに“人格者”として知られていますが、もうまさにその通り。Jr.にとって滝沢くんは、「デビュー組の先輩の1人」ではなく、「滝沢秀明」という絶対的な存在なんです。「タッキーはタッキーでしかない」というか……わかりますかね(笑)? Jr.の頃、滝沢くんと接する中で、「こんなふうに僕らを育てようとしてくれてるんだ!?」と驚かされることばかりでした。今回は、そんな滝沢くんの真似できない後輩育成術について教えたいと思います。

【元Jr.独占手記バックナンバー】
初体験の相手は、ファンのお姉さん。ジャニーズとつながるのは「簡単」!
ジャニーズの振り付け師・サンチェを、僕たちが怖がっていた本当の理由
超過酷なオーディションの実態……ジャニー社長は「超至近距離で見てくる(笑)」
KinKi・堂本剛くんにあこがれて入所……僕が見た不思議なジャニーズの世界

 まず滝沢くんは、舞台などで共演するJr.の名前と顔は、どんなにチョイ役の子でも全員覚えてくれていました。それに、出演者全員のJr.一人ひとりと触れ合えるステージ構成を組んでくれるんです。そうそう滝沢くんって、本番中にもかかわらず、マイクが入っていない状態の時は、結構Jr.と話してるんですよ。公演が始まる直前に、滝沢くんから「俺、今日テンション上がらないから、本番中にお前の話で盛り上げてくれよ」と無茶ぶりされて、ステージ上で滝沢くんに小話を披露したりしましたね(笑)。当然、マイクが入っていないから、お客さんには何も聞こえないんだけど、「タッキーが本番中、Jr.の子と何かしゃべって笑ってる」というシーンを目撃したことがある人も多いんじゃないかな。滝沢くんはそうやって、Jr.とコミュニケーションを取ってくれるんですよ。

 みんなは、「そんなこと、練習中にすればいいのに」と思うかもしれませんが、滝沢くんは座長として多忙を極めていて、メインキャストではないJr.とはリハーサルも一緒にできないほど。だから、本番のステージ上くらいしか、話す時間がないんですよね。で、本番後、滝沢くんが、「お前の話、全然面白くなかった! テンション上がらなかった!!」とかイジって笑いにしてくれるのも、すっごくうれしかった。

 あと滝沢くんは、Jr.が“とっさに面白いことを言えるようになるための訓練”をしてくれていたのかもしれませんね。楽屋挨拶に行く際、「Jr.は滝沢くんを笑わせる話をしなければいけない」という伝統があって、そこでウケると、滝沢くんがその話をファンの前でも披露してくれるんです。こういうトークがうまかったのがSnow Manで、滝沢くんに気に入られて、“上に行った”という印象がありますね。

 叱り方も独特でしたね。まず滝沢くんは、絶対に怒鳴るような叱り方はしません。でも、“圧”はすごい(笑)。「お前、どうしてこうなったと思う?」と淡々と話して、Jr.自身に口で説明させるんです。そうすることでJr.は、「自分の何がダメだったのか」をしっかり把握できるようになる……というわけ。そういう叱り方も、ちゃんと考えてるんだろうなと思いました。

 それに、滝沢くんは、Jr.同士の関係も気づかってくれました。舞台の打ち上げでお酒の席が用意されるんですが、10代のJr.は当然参加できない。20歳なら参加できて、19歳は参加できないというのは、Jr.同士で変なやっかみを生んでしまう可能性もあるからと、20歳を超えたJr.に対して、「悪いけど、参加させられない」と言っていたそうです。でもその代わり、別日にバスを貸しきって、Jr.みんなをBBQに連れて行くというフォローをしてくれるんだから、滝沢くんって本当にいい人すぎます(笑)。

 嵐の櫻井翔くんが、『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)で共演した滝沢くんに、「Jr.の面倒を見すぎて、自分のことが手薄になってない?」と質問していましたが、正直言って滝沢くんは「Jr.の面倒を見すぎだけど、自分のことも手薄にしていない」が正解なのではないかと思います。一切隙を見せない仕事人で、Jr.から尊敬され愛される先輩……滝沢くんは、ファンのみんなが思い描いている「滝沢秀明」そのままの人ですよ。

関連記事(外部サイト)