「指原に取り込まれた・・・・・・」HKT48・宮脇咲良、「総選挙2位目指す」宣言に運営関係者は落胆

【AKB48選抜総選挙】HKT48宮脇咲良の「二位になりたい」というメールが物議

記事まとめ

  • AKB48選抜総選挙が開票を迎えるが、HKT48宮脇咲良にはガッカリさせられたとの声
  • 宮脇咲良はHKT48指原莉乃に次ぎ、HKTの“期待の星”といえる存在だという
  • 宮脇がファンに送った「二位になりたい」というメールの内容が、物議を醸しているそう

「指原に取り込まれた・・・・・・」HKT48・宮脇咲良、「総選挙2位目指す」宣言に運営関係者は落胆

「指原に取り込まれた・・・・・・」HKT48・宮脇咲良、「総選挙2位目指す」宣言に運営関係者は落胆

宮脇咲良Twitterより

48th『願いごとの持ち腐れ』c/w曲『前触れ』公開されました?皆でお花見しましたよ?可愛いセット?癒されました?? オフショット??https://t.co/iTqO8FqXBF pic.twitter.com/gTQtjpeidg

― 宮脇 咲良 (@39saku_chan) 2017年5月11日

 今年で9回目となった「AKB48選抜総選挙」が、いよいよ6月17日に開票を迎える。そんな中、運営関係者の間では「HKT48宮脇咲良にはガッカリさせられた」との声が広まっているという。

「宮脇といえば、HKTだけではなく48グループ全体で見ても高い人気を誇るメンバー。総選挙でも年々順位を上げ、昨年は6位を獲得しています。同年の首位に輝いたHKT48・指原莉乃に次ぎ、HKTの“期待の星”といえるでしょう」(芸能ライター)

 当然、今年の順位にも注目が集まっているが、その開票直前、宮脇がファンに送ったモバイルメールの内容が、物議を醸しているという。

「宮脇のメールには、『なんか、最近本当に本気で思います。二位になりたい。やっぱり、二位じゃなきゃダメだなって』などと書かれていたんです。“なぜ1位ではなく、2位なのか”については、明記されていませんでしたが、『一位目指さないと二位になれないよ!って言われる事もあるけど。今年は意味のある二位だと思う!』という部分から察するに、宮脇は、今回最後の総選挙出馬を表明している指原が“トップになる”と信じているのでしょう。というか、そう思っていることを、“アピール”しているような気もするんです。指原が知れば喜ぶ話でしょうが、そこまでしてヨイショしなければいけないのかと、モヤモヤしてしまいます」(グループ運営関係者)

 というのも、以前の宮脇はこうした考え方や行動をするタイプではなかったそう。

「宮脇は、誰よりも“HKTを背負っている”というプライドが高く、自分にも周囲にも厳しいタイプだったんです。そのため、恋愛スキャンダルを起こしてHKTへ“左遷”されてきた指原には、絶対に負けたくないという思いを抱いていました」(同)

 ところが、そんな宮脇を変えてしまったのは、ほかでもない指原なのだという。

「指原は人気のあるメンバーに取り入り、逆に自分の“配下”にしてしまうことを得意としています。宮脇に対しても、総合プロデューサー・秋元康氏との食事会に誘うなど、特別扱いをして、懐柔しようと働きかけていました。その結果、ついに宮脇も指原に付き従うようになってしまったわけです。宮脇なら、指原を超えるような人気メンバーになれたのに……『2位宣言』は、指原に取り込まれたメンバーの末路といえるでしょう」(同)

 指原の下で2位を目指す宮脇は、果たしてファンの目にどう映るのだろうか。

関連記事(外部サイト)