タッキーこと滝沢秀明の初主演映画『こどもつかい』は極端で珍妙な作品と評価も

記事まとめ

  • タッキーこと滝沢秀明の初主演映画『こどもつかい』はキョーレツで、珍妙な作品だそう
  • 映画にはタッキーのほか、Hey!Say!JUMP・有岡大貴も出演する
  • キャラクターは『チャーリーとチョコレート工場』のジョニー・デップにも似ているそう

「大丈夫なのか」「問題では」とジャニオタの脳を刺激する、滝沢秀明『こどもつかい』

 今回ツッコませていただくのは、ジャニーズ王道中の王道の存在、「殿」であり、「タッキー」こと滝沢秀明の初主演映画『こどもつかい』。

 そもそもタッキーが映画「初主演」というのが非常に意外な気もするが、デビュー前からドラマでブレークし、2005年には『義経』で、当時としてはNHK大河ドラマ史上最年少主演。その後は『滝沢歌舞伎』等、舞台中心で活動しているだけに、映画にはあまり縁がなかったのだろう。

 『滝沢歌舞伎2017』には、映画の宣伝を兼ねたコーナーで、劇場内のあちこちから子どもの笑い声が響き渡るなどの演出があり、それは結構怖かったのだが、タッキー主演でHey!Say!JUMP有岡大貴も出演することから、作品は中高生や若いカップル向けなのだろうと予想していた。

 しかし、予想は甘かった。実際、『こどもつかい』は、中高生などが「そこそこ楽しめる映画」なんかじゃない。満点星5つとして評価するなら、おそらく「1か5」だらけ、「3」などは、ほとんどいないのではないかと思うほど、極端で、キョーレツで、珍妙な作品なのである。

 以下、ネタバレありなので、ご注意を。

 まずタッキーの整った顔による「真顔」と個性的なコスチューム+特殊メイク、そしてキレのある動き、加工されたボイスが醸し出す「異世界」感には、圧倒されるばかりだ。その「浮世離れ感」は、作品としても役柄としても合っている。

 映画の中では、強い体幹によるお得意のフライングもマント姿で惜しみなく披露しているのだが、「これ、舞台から持ち出してしまって良かったの?」ともったいなく思えるほどで、タッキーの魅力や特技がたっぷり詰まっている。ただ、舞台の演目で見ると、神秘的で美しく、妖しく、悲しく、ときに恐ろしくも不気味でもあるものが、映像で見ると、あら不思議。すごく面白い。

 キャラクターは『チャーリーとチョコレート工場』のジョニー・デップにも似ているし、『チャイルド・プレイ』のチャッキー的な部分もあるし、演出はところどころドリフのコントのようでもある。

 特に、タッキーと有岡2人だけのシーンが終盤にあるのだが、カウンターを挟んで真顔で交わされるブラックジョークのようなやりとり(※ヒント「ティッシュ」がからむ)には、本気で吹き出しそうになってしまった。

 おまけに、数々の事件の発端となった「トニー」の秘密……多くは語れないが、どうしても連想してしまうものがある。キャラクターの名前も、性質も、何かといろいろ問題だと思う。大丈夫なのだろうか。

 この映画を普通の親子やカップルがどんな思いで見るのか、正直気になるものの、ジャニオタ、特に舞台などに足を運ぶ機会もあるディープなジャニオタなら、まず確実に楽しめると思う。余談だが、自分はリピートしてしまうかもしれないと感じている。

 「怖い」という口コミも「コメディ」という口コミも両方あるが、舞台挨拶で有岡が語った言葉「恐怖と笑いは紙一重だと思うんですよねえ」は、実はかなり真理である。
(田幸和歌子)

関連記事(外部サイト)