SMAP、香取・草なぎ・稲垣退所報道も「最強フォーメーション」とファン前向きの理由

SMAP、香取・草なぎ・稲垣退所報道も「最強フォーメーション」とファン前向きの理由

SMAP、香取・草なぎ・稲垣退所報道も「最強フォーメーション」とファン前向きの理由の画像

 稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が、9月8日の契約満了をもってジャニーズ事務所を退所することが正式に発表された。残る中居正広と木村拓哉は事務所に残留するものとみられており、事実上の“元SMAP分裂”になると報じられている。3人の退所によりグループの再始動は厳しくなったが、ファンは今回の事態を前向きに受け止めているようだ。

 昨年1月、SMAPメンバーとグループの“育ての親”であるチーフマネジャー・飯島三智氏の独立問題が表面化。メンバーと飯島氏が独立を検討していた中、木村のみが途中で事務所残留の意思を示したため、この計画は頓挫したとされている。1月13日付の一部スポーツ紙が「SMAP分裂危機」と報じ、その後の解散決定に際しても、独立組の4人と残留組の木村の溝が埋まらぬまま解散に至ったと伝えられていた。

 また、最近では9月の契約更新時期に向けてさまざまな報道が噴出。中居は独立派のメンバー内で唯一、解散後に缶チューハイ「氷結」の新CMの仕事が入り、4月から『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)がゴールデンタイムに昇格したことを含め、業界内では「事務所に残留する」という見方が強まっていた。

「グループのリーダーだった中居がジャニーズに残留するとなれば、退所の可能性が高い香取らはどんな動きを見せるのか、注目が集まっていました。今回の退所発表で、スポーツニッポンは『5人の関係は「4対1」から現在「3対1対1」とさらに複雑化』と指摘しています。その一方、『PON!』(日本テレビ系、6月19日放送)では、ジャニーズファンを公言している芸能リポーター・駒井千佳子が『中居さんが辞めなかった、事務所に残ることを決めた1つの大きな理由として、香取さんに相談した時に、香取さんが「中居くんは残った方がいいよ」って言ってくれたっていう話をうかがいました』と、中居や香取の“不仲説”を否定しています」(ジャニーズに詳しい記者)

 昨年1月の分裂危機報道、年末でのSMAP解散を経て、ジャニーズ退所を決断した稲垣、草なぎ、香取の3人。彼らは2006年発売のアルバム『Pop Up!SMAP』の収録曲「paripia!」を歌っていたことから“パリピアトリオ”などと呼ばれているが、ファンは「パリピアが退所と聞いて不思議と落ち込んでない。まずパリピアが出てその後2TOPが出て、また5人で新たにスタートすると勝手に思ってる」「3人で抜けられるのは幸い。3:2のフォーメーションは悪くない」「これで事務所やマスコミは『完全分断』ってことにしたかったんだろうけど、SMAPファンから見たら最強フォーメーション」「退所するのがパリピアでよかった。後は中居くんと拓哉が退所するだけ」と、プラスに捉えているようだ。

 また、ファンは14年の『武器はテレビ。SMAP×FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)内で放送された、SMAPメンバーが突然の解散報道に振り回されるというスペシャルドラマ『俺たちに明日はある』の展開に、今回の解散〜退所を重ねているようだ。

「昨年の解散騒動と状況が酷似しているとして、以前からSMAPファンの間でドラマが話題になっていました。同作には、稲垣、草なぎ、香取が居酒屋で“本当に解散してしまうのか”と、話し合うシーンがあったんです。草なぎが『俺たち、ずっと一緒にやっていくんじゃないの?』『中居くんと木村くん入れて話そうよ』などと稲垣&香取に提案した後、中居&木村が一緒に車で移動する場面が描かれていました。ドラマ内ではグループの活動継続をファンの前で宣言するラストになっていただけに、ファンは現実でも中居&木村が3人を追いかけ、後に合流する構図を夢に見ているのでしょう」(同)

 ジャニーズ事務所は、ネット上での画像の公開やタレントのSNSの使用を禁止するなど複数の制約があるため、退所後は「3人でネット番組やりなよ!」「パリピア3人はYouTubeで何か始めてもいいし、ニコ生に番組持ってもいいと思う」「SNS解禁とかYouTubeとかニコニコ動画とか……今までできなかったことを、ドンドンやってほしい」と、早くもネットを駆使した展開に期待を膨らませる声も出ている。引き続き、5人の動向に注目が集まる。

関連記事(外部サイト)