須藤凜々花、会見は「明日の午後以降」!? 「渡辺麻友事務所」「文春」「吉本」が激怒で待機中

須藤凜々花、会見は「明日の午後以降」!? 「渡辺麻友事務所」「文春」「吉本」が激怒で待機中

須藤凜々花Twitterより

#りりぽんにエサなう#りりぽんタイム pic.twitter.com/5mD3qlxbdM

― 須藤凜々花a.k.a.りりぽん (@riripon48) 2017年6月15日

 『第9回AKB48選抜総選挙』での“結婚宣言”により、バッシングと擁護が飛び交っているNMB48・須藤凜々花。運営サイドは、直後から「本人の口から事情説明を行う」としているものの、いまだその内容や日時、方法なども詰めきれていない状況という。その原因は、まったく別の勢力が、それぞれ別の理由で須藤に“激怒”しているからのようだ。

「まず須藤に怒りを見せたのが、総選挙に立候補した現役メンバー、そしてOG勢。特に大島優子は、インスタグラムでの動画配信で、放送禁止用語である“Fワード”が書かれたキャップを見せ、自身も非難されるという二次炎上へと発展してしまいました」(スポーツ紙記者)

 しかし、公には報じられていないものの、「須藤にメンツをつぶされた」といわれているのが、今回で最後の総選挙であることを表明し、グループからの卒業を発表したAKB48・渡辺麻友とその所属事務所だという。

「AKBとは深い関係にある同プロからすれば、渡辺の晴れ舞台を台無しにされたに等しい。一部スポーツ紙は、須藤の処遇が何も決まっていない時点で、『事実上の「解雇」濃厚』などと報じていましたが、これは渡辺サイドの心情を、そのまま記事化したのではといわれています」(芸能プロ関係者)

 さらに須藤の結婚発表により、交際スクープを潰された「文春砲Live」も、“復讐”とばかりに、22日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で、さらなるマル秘ネタを準備しているという。

「当初より須藤のページ数を増やして、交際を大々的に報じるようです。須藤本人や運営だけでなく、ほかのメンバーにまで取材をかけているようですね」(週刊誌記者)

 そしてNMBが所属する吉本興業のグループ会社も、「どうやら怒っているらしい」と一部でささやかれている。

「マスコミの須藤に関する取材が、吉本本体にまで及んでいますからね。そもそも須藤から、何の報告を受けていなかったのに、『どうしてウチが記者会見を手伝わなきゃいけないんだ』と、戸惑いを見せているスタッフもいるそうです」(芸能ライター)

 須藤の釈明が行われるのは、早くとも「文春」の早売りが入手可能となる21日午後以降となる見込みだが、果たして須藤は、この面々、そしてファンをどれだけ納得されることができるだろうか。

関連記事(外部サイト)