「だから乃木坂に負けるんだよ!」と激怒!? 須藤凜々花を“卒業させざるを得なかった”裏事情

「だから乃木坂に負けるんだよ!」と激怒!? 須藤凜々花を“卒業させざるを得なかった”裏事情

須藤凜々花Twitterより

“別冊カドカワDirecT06”が
発売中です(*´∀`)♪
りりぽん登場します〜? pic.twitter.com/A8WFbRQDj3

― 須藤凜々花a.k.a.りりぽん (@riripon48) 2017年6月8日

 『第9回AKB48選抜総選挙』の開票イベントで突如結婚を発表したNMB48・須藤凜々花が、6月21日、AKBグループから卒業することを明らかにした。これについて、関係者の間では、「本人の意思というよりも、運営がそうさせざるを得なかった」とささやかれているという。

 須藤は17日に行われた『選抜総選挙』のスピーチで、「私、NMB48・須藤凜々花は結婚します」と、電撃発表。会場のメンバーや司会者たちも事前に知らされておらず、会場に衝撃が走った。

「現役アイドルの結婚発表とあって世間の反響も大きく、今後の活動がどうなるのかに注目が集まっていました。そんな中、須藤は21日に都内で会見を開き、『卒業を考えています』と報告。AKBグループの総合プロデューサー・秋元康氏から慰留されたとも明かしましたが、卒業を選択したとのことです。相手の男性については『一般の方』と話し、今年に入ってプロポーズを受けたといいます」(芸能プロ関係者)

 会見翌日の22日には、NMBの運営元も須藤の卒業を明らかにしたが、時期については、未定となっている。

「須藤も言っていたように、秋元氏は彼女をグループに残したいと考えていたそう。しかし、やはりほかのメンバーの怒りが運営側にも向けられ、とても須藤を残しておける状況にないと判断したようです。特に、HKT48・指原莉乃など一部有名メンバーは、日頃からライバルグループ・乃木坂46と自分たちの“差”が開きつつあることを気にしているそうで、『だから乃木坂に負けるんだよ!』と、運営に食って掛かったといいます」(同)

 このように内部が騒然とする一方で、実は今、外部からも運営に対して怒りの声が噴出しているようだ。

「須藤の会見は、スポーツ紙のみが入場を許され、ほかのメディアは弾かれてしまった。これには、特にテレビ各局がブチ切れしていて、今後、本人への直撃取材も計画しているそうです」(週刊誌記者)

 本来はおめでたいはずの結婚発表がもたらした混乱は、今後も続きそうだ。? ?????????????

関連記事(外部サイト)