テレ朝『緊急取調室』が絶好調、ワースト1位は観月ありさ! 4月期ドラマ視聴率ランク

テレ朝『緊急取調室』が絶好調、ワースト1位は観月ありさ! 4月期ドラマ視聴率ランク

テレ朝『緊急取調室』が絶好調、ワースト1位は観月ありさ! 4月期ドラマ視聴率ランクの画像

 2017年4月スタートの春ドラマがそれぞれ最終回を迎えた。視聴率ランキングで1位に輝いたのは、全9話の平均が14.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だった天海祐希主演の『緊急取調室』(テレビ朝日系)。上位は警察や事件モノのドラマが軒を連ねるなど、現在のドラマ界のブームを象徴する結果となった。

 14年1月期に第1シーズンが放送され、今回でシーズン2となる『緊急取調室』は、初回17.9%をマーク。最低値は3話と4話で記録した12.4%で、1ケタに落ちることなく独走を続けた。天海は16年秋の主演作『Chef〜三ツ星の給食〜』(フジテレビ系)で全10話の平均が7.0%と絶不調だっただけに、本人も今回の首位に安堵していることだろう。

 平均視聴率2位は、長谷川博己主演で岡田将生、香川照之ら演技派が出演した『小さな巨人』(TBS系)。全10話の平均は13.5%だった。同作は、出世欲や権力欲が渦巻く警察内部の争いを描いたヒューマンドラマで、初回は13.7%のスタートを切り、4位にランクイン。その後も2ケタをキープし、8話で13.6%、9話が13.7%と上昇した末、最終回は16.4%で有終の美を飾った。

 ベスト3位に入り込んだのは、内藤剛志主演の刑事ドラマ『警視庁・捜査一課長 season2』で、こちらは平均12.2%(全10話)を記録。2時間枠の単発作で5回放送された後、満を持しての連ドラとなったシリーズで、season2も高数字を保った。

 上位3作が全て平均2ケタだった一方で、ワースト3作品は“消費税割れ”に終わっている。ワースト3位は桐谷美玲が主演を務めた『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系)で、全10話の平均は6.4%だった。女性コミック誌「BE・LOVE」(講談社)で連載中の、大久保ヒロミ氏による同名コミックが原作で、桐谷と水川あさみ、ブレーク中のピン芸人・ブルゾンちえみが「女子力ゼロの理系女子(リケジョ)」を演じたラブコメディ。初回も9.5%でワースト3位で、以降はこの記録を超えることなく5〜6%を推移した。最終回直前には、出演者のインパルス・堤下敦が睡眠薬を服用し、意識がもうろうとした状態で車を運転した一件が騒ぎになるも、ドラマは通常通りオンエアー。注目の最終回も6.1%と伸びず、最後まで低空飛行が続いた。

 ワースト2位は濱田岳&西田敏行がコンビを組み、金曜午後8時台に放送された『釣りバカ日誌 Season2 〜新米社員 浜崎伝助〜』(テレビ東京)。映画版を含めコアなファンを掴んでいる同作だが、Season1は平均7.9%(全8話)を記録していたところ、今回は平均5.6%(全8話)で終了した。

 4月期の最下位となってしまったのは、観月ありさ主演の『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(フジテレビ系)で、全10話の平均は5.3%だった。放送は日曜午後9時台で、芦田愛菜とシャーロット・ケイト・フォックスらが出演した『OUR HOUSE』(16年4月期)が最終回で3.3%と大爆死するなど、不調が続いている枠。今作も波に乗れず4〜6%台を行き来し、最終回は4.9%で終わった。Kis‐My‐Ft2・藤ヶ谷太輔も2番手の役どころで出演し、Kis‐My‐Ft2の新曲「PICK IT UP」がオープニングテーマとして起用されたものの、数字には良い効果が現れなかったようだ。

 そのほか、今期のランキングではジャニーズタレント出演作が中盤にズラリ。KAT‐TUN・亀梨和也主演で山下智久と約12年ぶりのドラマ共演を果たした『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)は9.5%(全10話)で7位となった。続く8位は、沢尻エリカが主演を務め、Hey!Say!JUMP・中島裕翔、関西ジャニーズJr.の道枝駿佑が出演した『母になる』(同)で、平均9.2%(全10話)で終了。藤原竜也主演、Kis‐My‐Ft2・玉森裕太がメガネ姿で高校教師・浅見康介を好演した『リバース』(TBS系)は9位となり、全10話の平均は8.8%だった。

 そして、嵐・相葉雅紀主演の月9ドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)は、平均8.6%(全11話)で残念ながら10位という結果に。初回こそ11.8%を獲ったが、2話で早くも8.3%にダウンし、8話で7.0%の最低値を記録。2話から1ケタが続き、最終話も9.8%で2ケタに届かなかった。月9枠では、昨年10月期のHey!Say!JUMP・山田涼介主演『カインとアベル』(平均8.2%)や、今年1月期の西内まりや主演『突然ですが、明日結婚します』(平均6.6%)には勝っている。しかし、社運をかけたフジにとっても、相葉の役者人生においても、今作の大コケはかなりの痛手だろう。

 7月期の月9は、山下主演で新垣結衣、戸田恵梨香らも出演する『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』が控えており、これまでのシリーズ同様にヒットが期待される。今期も絶好調だったテレ朝は、上川隆也主演の人気シリーズ『遺留捜査』と少年隊・東山紀之主演『刑事7人』に加え、武井咲が松本清張の不朽の名作『黒革の手帖』にチャレンジ。

 関ジャニ∞・錦戸亮が主演を務める『ウチの夫は仕事ができない』(日本テレビ系)とTOKIO・長瀬智也主演『ごめん、愛してる』(TBS系)といったジャニーズ主演作以外に、瑛太主演の『ハロー張りネズミ』(TBS系)にはV6・森田剛が出演する。ひとまず、7月期は月9枠が復調できるのかが注目ポイントとなりそうだ。

【2017年春ドラマ(午後8〜10時台、民放5局)平均視聴率一覧】
1位『緊急取調室』(テレビ朝日系・木曜午後9時) 全9話/14.0%
2位『小さな巨人』(TBS系・日曜午後9時) 全10話/13.5%
3位『警視庁・捜査一課長 season2』(テレビ朝日系・木曜午後8時) 全10話/12.2%
4位『警視庁捜査一課9係 season12』(テレビ朝日系・水曜午後9時) 全9話/11.5%
5位『あなたのことはそれほど』(TBS系・火曜午後10時) 全10話/11.2%
6位『CRISIS〜公安機動捜査隊特捜班〜』(フジテレビ系・火曜午後9時) 全10話/10.5%
7位『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系・土曜午後10時) 全10話/9.5%
8位『母になる』(日本テレビ系・水曜午後10時) 全10話/9.2%
9位『リバース』(TBS系・金曜午後10時) 全10話/8.8%
10位『貴族探偵』(フジテレビ系・月曜午後9時) 全11話/8.6%
11位『フランケンシュタインの恋』(日本テレビ系・日曜午後10時30分) 全10話/7.5%
12位『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系・木曜午後10時) 全10話/6.4%
13位『釣りバカ日誌 Season2 〜新米社員 浜崎伝助〜』(テレビ東京・金曜午後8時) 全8話/5.6%
14位『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(フジテレビ系・日曜午後9時) 全10話/5.3%

※平均視聴率は単純平均視聴率(全話合計÷放送回数)。小数点第二位以下を四捨五入。

関連記事(外部サイト)