松居一代、“尾行の証拠”ブログ掲載も「支離滅裂」? マスコミもお手上げ状態に!

松居一代、“尾行の証拠”ブログ掲載も「支離滅裂」? マスコミもお手上げ状態に!

松居一代オフィシャルブログより

 突如ブログで「尾行されている」と訴えた松居一代が、6月30日に、あらためて被害状況を告白した。「これは、まぎれもなく真実です 私は病気にはなっておりません」として、電気代の料金表を“証拠”としてアップしたが、ネット上では「意味不明」とのコメントが相次いでいる。

 松居は27日付のブログで、1年5カ月もの間、何者かから尾行され続けていることを告白。身を守るため、夜間には一切の電気を使わなくなったこと、さらには愛車で国内を“逃避”していたことを訴えた。

「1年5カ月前となると、ちょうど一部週刊誌に、『船越英一郎と離婚へ』と報じられた時期。そのため、尾行の犯人は記事を書いたマスコミ関係者とみられていますが、1年5カ月もの間ずっと松居の動向を追い続けている社があるとは、とても考えられません。むしろ、松居が今回、不穏なブログを連発したことによって、マスコミの注目を集めてしまい、一時期は20人もの記者が、松居の自宅前に集結。徒歩数分のところにある船越の別宅と行き来しながら、チャイムを鳴らし続けていましたよ」(スポーツ紙記者)

 そして今回のブログで松居は、現在自宅には帰っていないこと、そして再び、尾行に気づいてからは夜間に電気を一切つけていないことに言及したのだ。

「同ブログには、2枚の電気代の領収書が掲載されています。1枚は3万7,956円、もう1枚は1万2,897円と印字されており、前者が夜間に電気を使っていた時の領収書、後者が使わなくなった時の領収書だそうです。松居はこれを、『尾行されている証拠』としているのですが、夜間に電気をつけなくなった証拠にこそなれ、尾行されている証拠になり得ません。ネット上では『何が言いたいの?』『支離滅裂』と疑問の声が噴出しています」(同)

 そんな中、一時は自宅前に殺到したメディアも、すでに取材を放棄しつつあるようだ。

「新聞や週刊誌は、尾行告白ブログが更新されてから、2日程度で張りこみをやめ、テレビ局だけが、30日になっても通い続けています。ワイドショーでは、そこそこ需要のあるネタかもしれませんが、そのほかのマスコミ各社は『相手にするだけムダ』と考えているそう。キー局の情報番組ディレクターたちは、蒸し暑いなか連日何時間も張り込みをしている状況で、今日ブログに意味不明の“尾行の証拠”が掲載されたことで、ますます不毛さを募らせているようです」(テレビ局関係者)

 テレビだけが盛り上がるこの騒動に、果たして決着は訪れるのだろうか。

関連記事(外部サイト)