浜崎あゆみ、『今夜くらべてみました』で自宅初公開も……放送前から“いらぬ批判”呼んだ理由

浜崎あゆみ、『今夜くらべてみました』で自宅初公開も……放送前から“いらぬ批判”呼んだ理由

浜崎あゆみ、『今夜くらべてみました』で自宅初公開も……放送前から“いらぬ批判”呼んだ理由の画像

 SNS上に自宅の写真を晒されたことで、浜崎あゆみが怒りをあらわにした。折しも、7月5日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で「自宅初公開!」と盛んに宣伝されている中で起きた騒動だけに、ネットユーザーの注目を集めている。

 浜崎は、新居の写真をアップしている一般アカウントに対して、「限度があります。先程、通報しました」とツイートを投稿。さらに「ここには私だけでなく大切な家族が住んでいます。家の外観ならまだしも(勿論それもないに越したことは無いですが)自宅内の様子までわかる写真を撮影し載せるなど絶対に許されない事です」とつづり、その後は、自ら警察署に出向いて、事情説明したことを明かした。

「そんな浜崎に対して、一部ユーザーからは『タイミングが良すぎて、話題作りに見える』『わざわざ犯人を拡散するようなことをしなくてもいいのに』といった批判めいた声が出ていますが、この騒動において、浜崎は明らかに被害者です。外観ならまだしも、室内まで写っている写真を撮影・拡散するのは、マスコミであっても逮捕される事案なんですよ」(週刊誌記者)

 ここ数年、ニュースになるのは、コンサート動員やCD売り上げの減少といった歌手業の不振、また私生活でのトラブルばかりとなっている浜崎。そんな中、『しゃべくり007』(同)そして『今夜くらべてみました』のバラエティ番組に続けて出演することは、「これまでにない展開」と、業界内外から関心を寄せられていた。

「エイベックス内で、浜崎は2010年頃から“不良債権”扱いをされており、功労者とはいえ、全盛期のような待遇は難しい状況となっていたんです。それだけに39歳を迎える今年、“バラエティ路線”で新たなファン層を獲得しようというのは“遅すぎる”といわざるを得ませんが、それでも浜崎が新たに行動を起こしたのは立派。エイベックスが今年から始めた組織改編の影響により、“売り上げを出さないと、自分の地位が危うい”と、尻に火がついたのかもしれませんね」(芸能プロ関係者)

 そんな中、自宅をネット上に晒され、「バラエティ出演の話題作り」とネット上でささやかれている浜崎には、「業界内で同情の声が飛び交っていますよ」(同)とのこと。しかし、ことネット上においては、これまで批判され続けてきた状況を、一度にひっくり返すのは至難の業だろう。

「最近、浜崎が炎上したといえば、15年に『法務省矯正支援官』(刑務所や少年院に慰問し、受刑者の改善更生を図るための制度)に任命されたにもかかわらず、活動していなかったことが発覚した一件でしょう。数人の著名人とともに『法務省矯正支援官』1期生となったのですが、彼女だけがたった一度も刑務所を慰問しなかったと、先日、特別矯正監を務める杉良太郎の発言からわかったんです。ネット上でも『2年もあったのにスケジュールが合わないってことはないでしょ』『ボランティア精神はないの?』などとブーイングが起こりました」(前出・記者)

 現状、結局話題になるのはトラブルやスキャンダルだけのようだが、浜崎はバラエティ進出で、本当に新たなファン層を獲得できるのだろうか。

関連記事(外部サイト)